『TRIVIAL MARKET』(日刊遊技情報2017年7月24日号)

swimmers-79592_640
▼水泳のワンポイントレッスン。人によって動きに癖があり、その癖を直すよう指導する人と、癖はその人の身体的個性と考えて癖を前提に指導するコーチといる。ゴルフも同じで、単なるティーチングだけの指導者と、その人に合った打ち方をコーチングする人といる。多く有名な選手ほど個性的なのはその人のやり方を伸ばす方が成績に直結する分かりやすい例か▼ただ、個別にコーチングするのは手間がかかる。セオリー通りに一律やらせる方が楽。人の集まりである店や会社も同じ。他の店や会社でうまくいっていることが必ずしも自店で成功するわけでないのは、店の持つ癖がそれぞれ異なるからで、半分程度は共通プラットフォームが使えても、残り半分はその店の創意工夫が必要になる▼お客の立場にしろ社員の立場にしろ、自分にフィットする店や会社はそうそうない。美味しいラーメンは人によってそれぞれ異なる。今後迎える人口減少時代においては、ますます個人の存在価値が増し、その人の個性や好み、持ち味が価値を持つようになる▼つまり、すべてのサービスはオーダーメイドにならざるを得ず、個性を尊重するようなサービスこそが生き残る。スマホは同じでもアプリは人それぞれ(桜)

スポンサーリンク