『TRIVIAL MARKET』(日刊遊技情報2018年1月5日号)

▼箱に何か入れると別の何かが出てくる。インプットとアウトプット。原因と結果と言い換えてもいい。行動や努力の先にある成果であり、収穫であり、恩恵である。インプットが同じならアウトプットも同じ。「同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という」とはアインシュタインの言▼得られるアウトプットを変えるにはインプットを変える方法と、箱そのものを変える方法とある。箱とはシステムであり、方法論であり、プログラムである。会社組織において、業績の低迷という結果を変えたいとき、よくとられる措置は人の異動だ。人を変える。人を変えるとは行動というインプットを変えることで異なるアウトプット、成果を期待すること▼あるいは箱に投下するお金や設備などの資本を変えることで別の成果を得ようとする。ただ、手を変え品を変え、色々インプットを変えてきたものの、期待する成果が得られなかったのがここ10年の業界だったのではないか▼おそらくインプットだけでなく、箱そのもの、パチンコというシステムそのものを変えなければならない時期に来ているのではないか。金属疲労や制度疲労をおこしているこの箱そのものをどう変えていくか。今年の最大の課題である(桜)

nathan-mcbride-229639
Photo by Nathan McBride on Unsplash

スポンサーリンク