×

【パチンコ企業情報】ダイナムグループ

グループ名

ダイナムグループ
店舗数:440/設置台数:207,823

グループ企業概要

ダイナムグループ」はパチンコ業界で最大の経営店舗数を誇るナショナルチェーンである。1998年には業界初となる労働組合「ダイナムユニオン」を結成するなど、組織体制の近代化を力強く推進。2012年には香港証券取引所に株式上場も果たしている。むろんパチンコホール経営企業としては初となり、この快挙ともいえるニュースは業界内外にて大きく報じられたものだ。

また、チェーンストア理論をいち早く取り入れた企業でもあり、その出店スピードは正に目を見張るものがあった。2001年に100店舗を達成すると、そのわずか3年後には200店舗へ到達。そして2017年には業界初となる400店舗を達成するなど、(マルハングループとともに)文字通りパチンコ業界を代表する企業と評せる。

2021年4月末時点では「株式会社ダイナム」1社で399軒のパチンコホールを運営中だ。更に、2015年にグループ化していた「夢コーポレーション株式会社」などの経営店舗数41軒も加えると、グループ合計で440店舗に上る。なお、近年ではグランドオープンなどの大きな動きは比較的少なめ。2019年3月に新築でオープンした『ダイナム北海道札幌清田店』や2019年12月の『ダイナム山形イオンタウン酒田店』、そして2020年7月の『ダイナム茨城稲敷店』を最後に新規出店はみられていない点を付記しておきたい。

このように規模の優位性が圧倒的な一方で、1円パチンコなどの低貸営業比率が非常に高い点も同グループの大きな特徴といえるだろう。「街と生きるパチンコ。」をコンセプトにしつつ、常連客層中心の営業を徹底してきたことで、他の強豪チェーン企業とも上手く住み分けを行えている点は同グループの強みである。

むろん現状では(高齢層の遊技控えなども響いて)厳しい状況が続いていることだろうが、それでもコロナ禍以降に閉店した店舗数は7軒とけっして多くはない。『ダイナム西日暮里店』(東京都)、『ダイナム群馬伊勢崎店』(群馬県)、『ダイナム神埼店』(佐賀県)、『ダイナム日立店』(茨城県)、『ダイナム安長店』(鳥取県)、『ダイナム愛媛今治店』(愛媛県)、『ダイナム栃木小山喜沢店』(栃木県)の7店舗のみだ。そんな同グループにおける今後の舵取りには引き続き注目していきたい。
(2021年5月6日記載)

関連記事

2021.4.28 ダイナム、緊急事態宣言に伴い対象地域の17店舗で感染症対策を徹底
2021.4.19 ダイナム、公式YouTubeチャンネルで新番組「FUJIWARAのツレぱち」を配信
2021.4.14 ダイナムのPBパチンコ「Pフィーバーパワフル ごらくver.」、5月上旬より導入開始へ
2021.4.6 ダイナム、2021年度入社式を開催
2021.3.29 「ファン人口を増やすためにはパチンコ・パチスロに新たなデジタル要素が必要」 ダイナム、「パチンコ産業の実態」第3弾を公開

グループ基本情報

企業名株式会社ダイナム
代表者保坂 明
設立年月1967年7月
資本金5000000千円
従業員数4395人
従業員数(PA込)9623人
郵便番号〒116-0013
住所東京都荒川区西日暮里2-27-5
電話番号03-3807-8111
企業URLhttp://www.dynam.jp/

<データ数値に関して>
基本情報、店舗数、遊技機台数などは、ビジョンサーチ社のパチンコデータベースサイト「新ピーサーチ」から流用しています
2021.4.29データ使用
パチンコ業界データベース

2021年5月7日

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.