×

【パチンコ企業情報】延田グループ(123)

グループ名

延田グループ(123)
店舗数:65/設置台数:49270

グループ概要

「延田グループ」は大阪を基盤として全国でパチンコホールを店舗展開する有力チェーンである。主に「123」の屋号にて計65店舗を運営。その内訳は東京都(2店舗)、神奈川県(2店舗)、千葉県(1店舗)、大阪府(29店舗)、兵庫県(9店舗)、奈良県(2店舗)、和歌山県(6店舗)、岡山県(3店舗)、徳島県(7店舗)、高知県(1店舗)、福岡県(1店舗)、そして熊本県(2店舗)だ。1店舗あたりの平均設置台数は758台と小規模ホールから巨艦店まで多肢に渡っており、1000台を超える巨艦店舗も10軒運営している。

継続的な新規出店により着実にその勢力を拡大している同社。2020年も勢いは衰えず、熊本県で2店舗目となる『123山鹿店』のグランドオープンを果たしたのは記憶に新しいところ。ただし2月オープンの時点から全席禁煙でスタートするも、すぐに喫煙可へ変更するなど、やや躓きもみられてしまったようだ。その後のコロナ禍も相まって難しい舵取りが続いたことだろう。

なお、2019年末には東京都渋谷区の『パーラー風羅巴』を傘下に収めていて、2020年7月には『123笹塚店』としてグランドリニューアルを敢行していた。2019年8月にグランドオープンしていた『123篠崎店』に続き、東京都内への進出が当時3件目を数えていたものだ。(なお、『123篠崎店』については2020年9月に閉店済みである点も付記しておきたい。)

更に、2020年3月には兵庫県下で運営していた「ラッキー1番」グループの4店舗を傘下に収めていて、その内『スーパーラッキー800』から改装オープンを実施。『123宝塚店』として2020年8月に新たなスタートを切っている。今後は兵庫県内での動向にも注目していきたい。

現在は『123水島店』が「ゲットゲット水島店」跡地に居抜き出店を予定している。

※コロナ禍以降の閉鎖・売却店舗
2020年4月:『123ライト有田店』
2020年4月:『123初島店』
2020年4月:『123岡崎店』
2020年5月:『123ライト八万店』
2020年5月:『123阪南店』
2020年5月:『123ライト八尾店』
2020年5月:『123八尾駅前店』
2020年5月:『123粉浜店』
2020年5月:『GETGET青江店』
2020年9月:『123篠崎店』
2021年1月:『ラッキー1番本店』
2021年5月:『スロット123八尾店』
2021年5月:『北野田スタジオ』
2021年5月:『スロットファースト北野田店』
(2021年9月20日記載)

関連記事

2018.3.14 「123」、岡山市で2店舗を4月に屋号変更オープン
2017.10.10 延田グループが『ゲットゲット』6店舗の経営権を取得
2015.12.25 延田グループ、「グリーンピア三木」事業者として議会承認を受けリゾート施設を運営

グループ基本情報

企業名 株式会社延田エンタープライズ
代表者 延田尚弘
設立年月 1963年1月23日
資本金 123000千円
従業員数 3720人
従業員数(PA込)
郵便番号 〒542-0085
住所 大阪市中央区心斎橋筋2-1-6
電話番号 06-6213-4123
企業URL https://www.nobuta123.co.jp/

<データ数値に関して>
基本情報、店舗数、遊技機台数などは、ビジョンサーチ社のパチンコデータベースサイト「新ピーサーチ」から流用しています
2021.4.12データ使用
パチンコ業界データベース

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島