×

【パチンコ企業情報】サンキョーグループ(SAP)

グループ名

サンキョーグループ(SAP)
店舗数:13/設置台数:6843

グループ企業概要

「サンキョーグループ」は首都圏にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は主に「SAP」の屋号を冠しており計13店舗を運営。その内訳は埼玉県(6店舗)、東京都(4店舗)、神奈川県(2店舗)、そして千葉県(1店舗)だ。1店舗当たりの平均設置台数は526台と小規模ホールから大型店まで多肢に渡る。1000台を超える巨艦ホールも1軒運営していて、総設置台数1111台を誇る『SAP草加』が文字通りの旗艦店舗と称せるだろう。

2015年には『SAP野田』を居抜き出店して千葉県へ初進出を果たしていた。しかし以降は新規出店等の大きな動きはみられず。一方で、コロナ禍以降には『SAP北野アネックス』と『SAP南浦和ウエスト店』の2軒を閉店している。

なお、代表の阿部恭久氏は、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)・東京都遊技業協同組合(都遊協)の理事長として活躍しており、業界における顔役の一人としてよく知られた存在である。
(2021年6月15日記載)

グループ基本情報

企業名サンキョー(株)
代表者阿部 恭久
設立年月1951年4月
資本金50000千円
従業員数300人
従業員数(PA込)1056人
郵便番号〒332-0035
住所埼玉県川口市西青木4-1-3
電話番号048-240-6888
企業URLhttps://www.sap.fm/

<データ数値に関して>
基本情報、店舗数、遊技機台数などは、ビジョンサーチ社のパチンコデータベースサイト「新ピーサーチ」から流用しています
2021.6.15データ使用

パチンコ業界データベース

2021年6月22日

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.