×

【パチンコ企業情報】マタハリーグループ(PIA)

グループ名

マタハリーグループ(PIA)
店舗数:27/設置台数:15,411

グループ概要

マタハリーグループ」は神奈川県を中心にパチンコホールを店舗展開する有力チェーンである。経営店舗は主に「PIA」の屋号を冠しており計27店舗を運営。その内訳は神奈川県(14店舗)、東京都(8店舗)、千葉県(4店舗)、そして埼玉県(1店舗)だ。1店舗あたりの平均設置台数は571台で、巨艦店舗からパチスロ専門店まで多肢に渡り、1000台を超える巨艦ホールも2軒運営している。なお、川崎地区等におけるドミナント展開も同グループを語る上で欠かせない特色といえよう。

新台導入意欲の高さからも容易に推察できるように、資金力には元来定評がある同社。それでも、以前官報に掲載された資産状況は業界人の想像を上回るほどの数値であり、与信評価という観点からはもしかすると業界ナンバーワンと評せるかもしれない。文字通りの優良法人である。

そんな同社において最大の特徴と言えるのが、経営店舗の大半が駅前立地型であるという点。市場性に秀でて、且つ競合店舗の新規出店余地が少ない好立地に絞っているため、安定感が非常に強い印象である。ホール営業の基本ともいえる「立地」と「新台」をしっかり押さえた戦略を徹底していることが、強豪ホールの地位を盤石としている最大の要因だろう。なお、コロナ対策の一環として、2020年5月頃の営業再開後には全店でパチンコに各台計数機をいち早く導入するなど、実に迅速な対応がなされていた。

また、2019年4月には久しぶりとなる新店『PIA柏 スロット館』をグランドオープン。更に、2020年10月に『PIA雑色 新館』を居抜き出店したのに続いて、2020年12月には『PIA町田 新館』の新築オープンも果たしたばかりである。一方で、2021年に入ると『PIA町田 本館』の休業を皮切りに、『PIA厚木アネックス』『サントロペ京急川崎』『ロペステーション1』の3軒を閉店させた。スクラップ&ビルドに本格的に取り組み始めたようだ。
(2021年4月28日記載)

関連記事

2020.12.19 今冬の最注目パチンコ店『PIA町田 新館』が大盛況の船出 ~12月17日、東京都町田市にグランドオープン
2020.11.12 『PIA』のマタハリー、YouTubeチャンネルでEXIT初の冠パチンコ番組を配信開始
2020.10.28 高齢者向けで徹底、『PIA雑色 新館』がグランドオープン ~東京都大田区・雑色駅周辺
2020.1.15 マルハン、日拓など有志ホール企業9社、ATM撤去等で宣言
2018.12.19 マタハリー、ユーザー向けの公式アプリをリリース

グループ基本情報

企業名株式会社マタハリー
代表者山中 康敬
設立年月1960年2月
資本金99000千円
従業員数1368人
従業員数(PA込)
郵便番号〒212-0013
住所神奈川県川崎市幸区堀川町580-16川崎テックセンター19F
電話番号044-589-4062
企業URLhttps://www.matahari.co.jp/

<データ数値に関して>
基本情報、店舗数、遊技機台数などは、ビジョンサーチ社のパチンコデータベースサイト「新ピーサーチ」から流用しています
2021.4.12データ使用

2021年4月28日

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.