×

【パチンコ企業情報】ジン・コーポレーショングループ(APULO)

グループ名

ジン・コーポレーショングループ(APULO)
店舗数:12/設置台数:5,857

グループ企業概要

「ジン・コーポレーショングループ」は長野県にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業である。経営店舗は主に「APULO」の屋号を冠しており計12店舗を運営。1店舗あたりの平均設置店舗は約492台で小規模ホールから大型店まで多肢に渡り、1000台を超える巨艦ホールも1軒運営している。なお、同社最大の設置台数を誇る『APULO1111』が文字通り旗艦店舗と評せるだろう。

「おもしろ広場」や「JINOS」といった屋号にて多店舗展開を行ってきた同グループ。しかし2015年に齋藤彰宏氏が代表に就任して以降は、「APULO」ブランドへと一気に屋号変更を推し進めている。また、2018年には「ギガ・ジャパン」(大将軍)と「ニュー京楽」をグループ化するなど、長野県下における存在感を更に高めていた。

加えて、2021年7月には『サンセイ篠ノ井店』を傘下に収めている。

※コロナ禍以降の閉鎖・売却店舗
2021年8月:『OMOSHIRO SQUARE JINOS東長野店』
(2021年9月5日記載)

グループ基本情報

企業名 株式会社ジン・コーポレーション(APULO)
代表者 齋藤 彰宏
設立年月 1978年10月
資本金 15000千円
従業員数 160人
従業員数(PA込) 282人
郵便番号 〒390-0851
住所 長野県松本市島内1666-1219
電話番号 0263-50-5550
企業URL https://www.jin.co.jp/

<データ数値に関して>
基本情報、店舗数、遊技機台数などは、ビジョンサーチ社のパチンコデータベースサイト「新ピーサーチ」から流用しています
2021.4.29データ使用

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島