Pガオガオキング3(サミー)

パチンコ, サミー

ドラム機「ガオガオキング」シリーズ最新作

導光板「7VISION」とブラックリールによる図柄が浮かび上がる新感覚リール演出
本体定価41万8000円、セル定価36万8000円。販売予定台数5000台。「闘神(銀座)」枠。ライトミドルタイプ「Pガオガオキング3」(型式名「Pガオガオキング3EWA」)とデジ羽根タイプ「PAデジハネガオガオキング3」(型式名「PAデジハネガオガオキング3SWQA」)の2スペックを用意。

導入日

2019年10月21日

機種スペック

Pガオガオキング3  サミー
第1種タイプ
賞球数 3(ヘソ)&1(電チュー)&1&3&5&12
確率 1/199.8→1/62.5(約3.2倍)
出玉 10R:最大1080個
8R:最大864個
6R:最大648個
4R:最大432個
※すべて9C
確変 突入率 20%(ST100回)
継続率 約80%
・ヘソ…10R確変:20%、8R通常(時短77回):20%、6R通常(時短77回):25%、4R通常(時短77回):35%
・電チュー…10R確変:50%、8R確変:15%、6R確変:15%、4R確変:20%
※すべての確変大当り終了後は変短100回が付与される
時短 大当り終了後100回、77回

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●ドデカリール搭載のドラム機「ガオガオキング」シリーズ第3弾。「7VISION」とブラックリールによる次世代のドラム演出と突破型スペックが特徴となっている。

●両スペックともに高継続のV‐STタイプ。主に初当り後の時短「ガオガオアタック」中に再度大当りを引くことでST「HYPER G‐RUSH」に突入する時短突破型。

ライトミドルタイプ「EWA」は大当り確率199.分の1。ST100回の突入率20%、継続率約80%。右打ちからは最大1080個獲得の10R比率が50%。通常大当り後は時短77回が付与される。

デジ羽根タイプ「SWQA」は大当り確率99.9分の1。ST30回+電サポ70回の突入率1%。継続率約80%(ST30回約60%+電サポ70回約51%)。右打ちからは最大810個獲得の10R比率が20%。通常大当り後は時短40回が付与される。

●通常時はT‐REX登場で大チャンスとなり、ロゴVISIONとメインドラムにダブルのT‐REXが登場するとさらに期待度が上昇。その他「WILDリール」や「7セグ」など多彩なギミックが搭載されている。

[2019年10月1日・日刊遊技情報]

その他スペック

PAデジハネガオガオキング3

関連リンク

「Pガオガオキング3」機種サイト

Copyright

(c)Sammy 製造元/株式会社銀座