CR貞子3D WXA(高尾)

2015/02/23パチンコ, 高尾

裸眼でも立体的に見える3D液晶を使用

本機のモチーフ「貞子3D」は、ホラー映画「リング」シリーズ第5弾で、シリーズ初の3D映画として2012年に公開された。

150223sadako

一部地域で先納品に対応。本体定価39万9000円、セル定価35万9000円。新枠「スパイラルインパクト」の第2弾

導入日

2015年2月6日

機種スペック

CR貞子3D WXA        高尾
CR第1種タイプ
賞球数 3&14(下(V)AT・上AT)
確率 1/387.6→1/96.9(4.0倍)
出玉 16R:最大2240個
13R:最大1820個
10R:最大1400個
1R:最大 140個
※すべて10C
確変
(V‐ST
タイプ)
突入率   50%
継続率 約80.0%(ST155回)
・ヘソ…10R確変(変短155回):44.4%、1R確変(変短155回):5.6%、10R通常(時短100回):50.0%
・電チュー…16R確変(変短155回):50.0%、13R確変(変短155回):18.4%、10R確変(変短155回):31.6%
変短 大当り終了後155回、100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●本機のモチーフ「貞子3D」は、ホラー映画「リング」シリーズ第5弾で、シリーズ初の3D映画として2012年に公開された。本機では、原作をよりリアルに再現するため、裸眼でも立体的に見える3D液晶を使用する(2Dとの切替が可能)。

●大当り確率387.6分の1のV‐STタイプ。ST突入率はヘソ50%、電チュー100%。ST回数155回、ST継続率80.0%。確変大当り後の変短回数はすべて155回、通常大当り後の時短回数はすべて100回。電チュー入賞時には、50%が最大2240個の16R大当り。潜伏確変大当りと小当りを搭載していない。

●“恐怖系”のRTC機能として、1時間に一度、無点灯の静寂の時間となる「0(ゼロ)の呪い」が発生。暗闇のなかでランプの点灯や音が発生するとチャンス。オカルト要素として、揃った時間で確変図柄が変化する。また落下する「貞子の手」役モノの落下ポイントが一定期間後に増えていくという、飽きさせない工夫がなされている。

●通常時の大当りは、「3」「7」図柄揃いからの確変確定「Sの復活ボーナス」と「3」「7」以外の図柄揃いからの確変もしくは通常大当り「チャレンジボーナス」、そして突如「ぶいチャレ」が発生しVアタッカーが解放する1R大当りの3種類。RTC機能発動中の「ぶいチャレ」突入図柄は、時間により変化する「隠れ確変図柄」となる。「チャレンジボーナス」では「貞」役モノ完成で「ぶいチャレ」獲得。失敗で時短「生贄モード」に移行する。

●ST中の演出は、「捕獲モード」、「貞子乱獲モード」、ラスト10回転の「カウントダウンモード」と、回転数に応じて変化。「貞子乱獲モード」中に発生する実写リーチは6種類。

●“呪いの四大演出”は、高期待度リーチへ発展する3D演出の「突貞子演出」、「S」図柄揃いで突入する先読みゾーン「Sの復活ゾーン」、ボタンの色やバイブの有無で期待度が変化する「Sチャンス」、3Dで出現する群予告「貞文字群」。

[2015年2月23日・日刊遊技情報]

その他スペック

CR貞子3D 199ver.(高尾)

CR貞子3D 99ver.

関連リンク

「CR貞子3D」機種サイト

Copyright

(c)2012『貞子3D』製作委員会
(c)TAKAO