タイヨーエレック

CRペルソナ4 the PACHINKO 392Ver.(タイヨーエレック)

B!

2008年にアトラスより発売されたゲーム「ペルソナ」シリーズ4作目

2011年にはテレビアニメ化がなされ、本年6月にゲーム最新作「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」が発売された。

150907perusona4_392

本体定価39万8000円、セル定価34万8000円。販売予定台数5000台~1万台。「T‐FLARE」枠。型式名「CRペルソナ4H」のマックスタイプと、型式名「CRデジハネペルソナ4SG」の「デジハネ」タイプを同時発売。

導入日

2015年9月28日

機種スペック

CRペルソナ4 the PACHINKO 392Ver.
タイヨーエレック
CR第1種タイプ
賞球数 3&3&7&15
確率 大当り:1/392.4→1/39.7(約9.9倍)
小当り:1/256.0(ヘソのみ)
出玉 16R(10C):最大2400個
(実質)4R(10C):最大600個
確変 突入率80%
・ヘソ…16R確変:1%、16R確変(実質4R):49%、4R確変:14%、4R確変(出玉無・潜伏継続):16%、4R通常(時短20回):20%
・電チュー…16R確変:50%、4R確変:20%、4R確変(出玉無):10%、4R通常(時短20回):20%
時短 20回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップ「ペルソナ4」は、2008年にアトラスより発売されたゲーム「ペルソナ」シリーズ4作目。2011年にはテレビアニメ化がなされ、本年6月にゲーム最新作「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」が発売された。

本機の演出には、本機のためだけの完全新規アニメを使用。原作ゲームとアニメの楽曲22曲を収録する。演出のカスタマイズが可能な機能「ペルコレ」を搭載する。

●確変ループタイプ。確変「バトルモード」中に確変継続をかけたバトル演出を展開。マックスタイプ「392Ver.」は、大当り確率392.4分の1、確変突入率80%、最大出玉2400個。「デジハネ」タイプの「99Ver.」は、大当り確率99.9分の1、確変突入率72%、最大出玉1600個。

●メイン液晶の左右に配置されたマルチウィンドウでは4分割により多彩な演出を展開。潜伏確変もしくは小当りで「霧の現実世界」に移行。「刈り取るものモード」昇格でチャンス。「バトルモード」敗北後の大当り終了後に移行する「混迷の霧モード」にも高確潜伏の可能性が残る。大当りまでの王道ルートは、予告・リーチ→テレビの中に入り込む→予告・バトルSPリーチ(前半)→「召喚ギミック」発動→バトルSPリーチ後半・ストーリーリーチ。

[2015年9月7日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRペルソナ4 the PACHINKO 99Ver.

関連リンク

「CRペルソナ4 the PACHINKO」機種サイト

Copyright

(c)ATLAS (c)SEGA All rights reserved.
(c)Sammy (c)TAIYO ELEC

2015年9月28日(月)
B!
  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会