CRFアクエリオンEVOL Type245(SANKYO)

2015/11/26パチンコ, SANKYO

タイアップコンテンツは「創聖のアクエリオン」の続編「アクエリオンEVOL」

“王道確変”で、初代のスペック再現を追求した「Type319」と、遊びやすいヘソ4個賞球「Type245」の2スペック。

151111aku245

本体定価39万9000円、セル定価35万9000円。「FORTUNE」枠。大当り確率319.7分の1の「Type319」(型式名「CRフィーバーアクエリオンEVOL S」)と大当り確率245.5分の1の「Type245」(型式名「CRフィーバーアクエリオンEVOL R」)の2スペックを同時発売。盤面下部の基調色は、「Type319」が黒、「Type245」が赤。

導入日

2015年12月7日

機種スペック

CRFアクエリオンEVOL Type245     SANKYO
CR第1種タイプ
賞球数 4(ヘソ)&2(電チュー)&7&10&12(AT)
確率 1/245.5→1/24.5(約10.0倍)
出玉 16R(7C):最大1344個
確変 突入率 51%
継続率(時短引き戻し込み) 約67%
・ヘソ…16R確変:27%、2R確変(出玉無):24%、16R通常(時短100回):49%
・電チュー…16R確変:49%、2R確変(出玉無):2%、16R通常(時短100回):49%
時短 大当り終了後100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツは、SFロボットアニメ「創聖のアクエリオン」の続編で2012年にテレビ放映された「アクエリオンEVOL」。アニメ放映のメインスポンサーをSANKYOが務め、同社はまたアニメ制作を担当したサテライトの筆頭株主でもある。

19インチ巨大液晶とその前で合体する「EVOL」役モノを搭載。期待度の高い「EVOLリーチ」と「ストーリーリーチ」への発展時にはかならず役モノの「合体」演出を経由する。演出では、役モノの合体のほか、ズレ目、再抽選、枠フラッシュなど、初代「CRF創聖のアクエリオン」の演出を継承。

●両スペックとも“王道確変”の確変ループタイプ。出玉有り大当りはすべて16R大当り。通常大当り終了後に時短100回がつく。

「Type319」は初代のスペック再現を追求。確変突入率60%、時短込み継続率約71%、時短中の引き戻し率約27%。平均大当り回数約3.42回。電チュー抽選の16R(最大1680個)比率53%。

「Type245」は遊びやすいヘソ4個賞球。確変突入率51%、時短込み継続率約67%、時短中の引き戻し率約34%。平均大当り回数約3.07回。電チュー抽選の16R(最大1344個)比率49%。

●期待度40%以上の“3大キーポイント”は、「合体」演出、「不動ZEN」、「次回予告」。SANKYO「フルーツ柄」も大チャンス。大当りラウンド中には、アニメ映像と楽曲8種類が流れる。

[2015年11月11日・日刊遊技情報]

その他スペック

CRFアクエリオンEVOL Type319
CRFアクエリオンEVOL99ver.
ちょいパチ アクエリオンEVOL39

関連リンク

「CRFアクエリオンEVOL」機種サイト

Copyright

(c)SHOJI KAWAMORI, SATELIGHT/Project AQUARION EVOL
(c)SANKYO