パチンコ

CRロボゲイシャ99V(豊丸)

B!

 

タイアップコンテンツの「ロボゲイシャ」は2009年に公開された井口昇監督作の映画

本機では、独特で奇想天外な世界観はそのままに、様々なパロディやオマージュ演出を取り入れている。

 

170622robo99

 

本体定価39万9000円、セル定価35万9000円。販売予定台数4000台。いずれも型式名同じ。「T‐15」枠。ミドルタイプ「319M」、ライトミドルタイプ「199L」、デジ羽根タイプ「99V」の3スペックを用意。

 

導入日

2017年6月5日

 

機種スペック

CRロボゲイシャ99V        豊丸
CR第1種タイプ
賞球数 4&1&3&7
確率 1/99.9→1/13.7(約7.3倍) 小当り:1/1.19(特図2のみ)
出玉 15R:最大945個/10R:最大630個  5R:最大315個 ※すべて9C ※小当りRUSHの平均獲得約50個
確変 突入率 65% 継続率 65% ・ヘソ…15R確変:5%、5R確変:60%、5R通常(時短20回):35% ・電チュー…15R確変:10%、15R確変【RUB】:10%、10R確変【RUB】:12%、5R確変【RUB】:28%、2R確変(出玉無):5%、2R通常(出玉無・時短20回):35%
変短 大当り終了後、次回まで、20回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツの「ロボゲイシャ」は2009年に公開された井口昇監督作の映画。本機では、独特で奇想天外な世界観はそのままに、様々なパロディやオマージュ演出を取り入れている。また、芸者にちなんで芸人のコウメ太夫も出演しており、出現すれば大チャンスとなっている。盤面には、鼻が伸びる「テングンギミック」、振り返ればチャンスとなる「コウメ太夫ギミック」、液晶を覆い尽くす「ロボゲイシャギミック」が搭載されている。

 

●3スペックともにSUPER小当りRUSH「ロボ乱舞」を搭載した確変ループタイプ。すべての確変大当りから突入できる。

 

「319M」は、大当り確率319.7分の1。確変突入率、継続率ともに65%。時短100回の引き戻し率約27.8%(残保留4個含む)。「ロボ乱舞」の期待出玉は平均約550個。「199L」は、大当り確率199.8分の1。確変突入率、継続率ともに65%。時短30回の引き戻し率約15.7%(残保留4個含む)。「ロボ乱舞」の期待出玉は平均約250個。「99V」は、大当り確率99.9分の1。確変突入率、継続率ともに65%。時短20回の引き戻し率約21.5%(残保留4個含む)。「ロボ乱舞」の期待出玉は平均約50個。

 

●初当りからは「3」、「7」図柄揃いによる「芸者BONUS」で確変「ロボ乱舞」に突入。「芸者特訓BONUS」、「テングンBONUS」からは演出成功で確変大当り、失敗時はチャンスタイムに移行する。特図2からの出玉有り大当りは15R「超芸者BONUS」と、RUB「超ロボ乱舞」になっている。

 

●通常演出では、保留変化や「(Super)コウメゾーン」といった様々な予告演出を搭載。対決リーチのほか、「地獄へおいでやすリーチ」、「コウメ太夫と申しますリーチ」は大チャンスとなっている。

 

[2017年5月24日・日刊遊技情報]

 

その他スペック

CRロボゲイシャ319M
CRロボゲイシャ199M

 

関連リンク

「CRロボゲイシャ」機種サイト

 

Copyright

(c)ロボゲイシャ製作委員会2009
(c)TOYOMARU

2017年6月22日(木)
B!