A-gon

CR RAIZINMAN 2000×α (A‐gon)

B!

デジタル抽選とアナログ抽選が融合した2種タイプのオリジナル機

3段3穴クルーンを搭載し、一旦ストックされた玉が集中落下してV入賞を目指すなど、クルーンの醍醐味が味わえる。

 

%ef%bd%83%ef%bd%92%e3%80%80%ef%bd%92%ef%bd%81%ef%bd%89%ef%bd%9a%ef%bd%89%ef%bd%8e%ef%bd%8d%ef%bd%81%ef%bd%8e2000_r

 

本体定価32万8000円、セル定価28万3000円。販売予定台数2000台。
大当り出玉は最大約2025個。(型式名「CR RAIZINMAN Z」)。

 

導入日

2018年5月7日

 

機種スペック

CR RAIZINMAN 2000×α        A‐gon
CR第2種タイプ
賞球数 1&3&5&15
確率 小当り:約1/5(7セグ)
出玉 16R(9C):最大2025個
時短 突入率:51%                        ※時短「雷神チャンス」は最大5回(時短3回+保留2回)
変短 大当り終了後、最大5回、0回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●デジタル抽選とアナログ抽選が融合したCR第2種タイプのオリジナル機。
3段3穴クルーンを搭載し、クルーンへの集中落下から最下段のV入賞まで、玉の動きにあわせて音や光の演出で期待感を盛り上げるなど、クルーン抽選の醍醐味が味わえる。

●基本的なゲーム性は以下の通り。①盤面右下の「GO」チャッカー入賞(ブッコミ狙いで右に玉が流れる仕様)で2桁7セグが変動、②奇数ゾロ目揃いの小当りでクルーン上部の上アタッカーが開放(「7」揃いで7回、それ以外の奇数揃いで1回)、③開放中に拾われた玉は一旦ストックされ、一斉にクルーンに落下、④最終的に最下段の3穴クルーンV入賞で大当りとなり、盤面右下のアタッカーで大当りラウンドを消化する。小当り確率は約5分の1。「7」揃いは「2000×α」が小当りの約12%。
大当り後は3段クルーンを取り囲むように配置された「イナズマルーレット」によって時短「雷神チャンス」の突入抽選を行う。時短最大5回の「雷神チャンス」はセグが必ず「7」揃いの小当りになる特化ゾーンで、上アタッカーの開放回数も13回に増えるため、再びV入賞に期待できる。時短「雷神チャンス」の突入率は51%。
大当り、時短中は右打ち。大当りは1種類で、最大2025個獲得の16R大当りとなっている。

 

[2018年4月10日・日刊遊技情報]

 

その他スペック

CR RAIZINMAN 1200×α

 

関連リンク

「CR RAIZINMAN」機種サイト

 

Copyright

(c)A-gon

2018年4月16日(月)
B!
  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会