サミー

ぱちんこCR北斗の拳7百裂乱舞(サミー)

B!

「ぱちんこCR北斗の拳」シリーズ初の小当りRUSH搭載機

 

%e5%8c%97%e6%96%97_r

 

本体定価43万8000円、セル定価38万8000円。販売予定台数2万台。「闘神」枠。型式名「CR北斗の拳7百裂乱舞FUA」。

 

導入日

2018年6月18日

 

機種スペック

 

ぱちんこCR北斗の拳7百裂乱舞        サミー
CR第1種タイプ
賞球数 4(ヘソ)&1(電チュー)&2(右始動口)&5&8
確率 大当り:1/319.7→1/51.2(約6.2倍)
小当り:約1/1(特図2のみ)
出玉   16R:最大1280個/12R:最大 960個
実質7R:最大 560個/ 6R:最大 480個
実質4R:最大 320個/ 2R:最大 160個
※すべて10C
確変
(ループ
タイプ)
突入率 65%
継続率 65%
時短引き戻し率 時短99回:約26.9%、
時短50回:約14.5%
・ヘソ【特図1】…16R確変:50%、6R確変(RUSH非突入・特図1電チューへ):15%、6R通常(時短50回・特図1(特図1電チューから時短99回)):35%
・【特図2】…16R確変:2%、12R確変:15%、実質7R確変:15%、6R確変:1%、実質4R確変:22%、2R確変:6%、2R確変(RUSH非突入・特図1電チューへ):4%、2R通常(時短99回・特図1):35%
変短 大当り終了後、次回まで、50回、99回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●「ぱちんこCR北斗の拳」シリーズ初の小当りRUSH搭載機。大当りと小当りがシームレスに融合した「百裂乱舞BONUS」は、「百裂アイコン」がある限りBONUSが継続するという新感覚のゲーム性を創出するとともに、約1分の1という小当り確率で爽快な出玉感を実現している。
●大当り確率319.7分の1のミドルタイプ。突入率、継続率ともに65%の確変ループタイプで、初当り時の50%で「百裂乱舞BONUS」(大当り+小当りRUSH、小当り確率約1分の1)に突入。一方、「百裂乱舞BONUS」中は一部の2R確変を除く61%でBONUSが継続する。通常大当り後には時短99回を付与(初当り時のみ50回)。大当り、確変、時短中は右打ちで消化。潜伏確変は非搭載。
●「百裂乱舞BONUS」は初当りの16R確変から突入し、液晶左の「百裂アイコン」がある限り継続。「百裂アイコン」はBONUS中のバトル勝利で獲得することができる。また「百裂アイコン」の残りが無くなった場合もバトルに発展。バトル勝利で「百裂アイコン」を獲得することができればBONUS継続が確定する。
一方、初当りの6R確変または6R通常、「百裂乱舞BONUS」のバトル敗北時は「乱世」モードに移行。確変または時短の「乱世」モードはリーチでバトルに発展。バトル勝利で大当りとなり、勝利時の50%で「百裂乱舞BONUS」に突入する。また、「乱世」モードから「超乱世」に移行すれば確変が確定。次回大当りまで電サポが継続する。
●「百裂拳予告」「先読みゾーン」「ケンシロウVSラオウリーチ」「キリン柄」が期待度の高い注目演出。「ぱちんこCR北斗の拳」シリーズならではの作り込まれた演出量も見所となっており、予告やリーチ、エピソードなど新規演出満載の最新作に仕上がっている。

 

[2018年6月12日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「ぱちんこCR北斗の拳7百裂乱舞」機種サイト

 

Copyright

(c)武論尊・原哲夫/NSP 1983, (c) NSP 2007 版権許諾証YHO-419
(c)Sammy

2018年6月18日(月)
B!
  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会