SANKYO

CRFバイオハザード リベレーションズ(SANKYO)

B!

人気同名ホラーゲームとのタイアップ機

 

cr%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc-%e3%83%90%e3%82%a4%e3%82%aa%e3%83%8f%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%83%89-%e3%83%aa%e3%83%99%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%ba_r

 

本体定価43万9000円、セル定価39万9000円。販売予定台数2万台。型式名「CRフィーバーバイオハザードsG」。「Fortune」枠。

 

導入日

2018年11月5日

 

機種スペック

CRFバイオハザード リベレーションズ     SANKYO
CR第1種タイプ
賞球数 4(ヘソ)&1(電チュー)&4&15
確率 1/319.7→1/138.8(約2.3倍)
出玉 16R:最大2400個
4R:最大 600個
※すべて10C
確変 突入率 40%
継続率 65%
・ヘソ…16R確変:25%、4R確変:15%、4R通常(時短100回):60%
・電チュー…16R確変:65%、2R通常(出玉無し・時短100回):35%
時短 大当り終了後、次回まで、100回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●人気同名ホラーゲームとのタイアップ機。予測不能なタイミングで出現するクリーチャーや前兆といったほーら―要素に加えて、2400発大当りに特化した右打ち「SPECIAL HAZARD TIME」が特徴の確変バトルスペックとなっている。
●大当り確率319.7分の1のミドルタイプ。確変突入率40%、継続率65%のV確変ループタイプ。右打ちからは確変大当りがすべて最大2400個獲得の16R大当りとなるほか、ヘソからも25%が16R大当りとなる。通常大当り後はすべて時短100回が付与される。
●初当りからは「3」「7」図柄揃いで確変大当り、その他図柄揃いはラウンド中の演出成功で、確変「SPECIAL HAZARD TIME」に突入する。
右打ち中は様々なバトル演出が発生し、勝利で2400発大当りを獲得可能。「ウーズ殲滅」演出は敗北なしの安心バトル演出で、「カウントダウンバトル」は制限時間が長いほどチャンスとなり、敵の種類や攻撃演出によって期待度が変化する確変か通常かを賭けたバトルとなっている。
●通常時はゲーム同様、プレイヤー目線で演出を展開。予兆やきっかけからイベントが発生し、敵の強襲やイベントから発展する。通常時の最重要演出は助っ人である「クリス参戦」となっており、あらゆるタイミングで登場すれば大チャンス。「HAZARD BATTLE」では敵の大量をゼロにできれば大当りとなる。また「7」図柄専用リーチの「マラコーダリーチ」は大当りすれば16R確変となる大チャンス。ギミック面では目玉役モノが突如落下する「ショッキングアイ予告」などを搭載している。

 

[2018年11月5日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「CRFバイオハザード リベレーションズ」機種サイト

 

Copyright

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(c)SANKYO

2018年11月12日(月)
B!
  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会