PFマクロスΔ(SANKYO)

2019/08/06パチンコ, SANKYO

「ルンピカチャッカー」開放でチャンスとなるゲーム性が特徴

 

p%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%b9%ce%b4_r

 

本体定価43万9000円、セル定価39万9000円。販売予定台数2万台。「Fortune」枠。設定なしタイプ(型式名「PフィーバーマクロスΔF」)と設定3段階タイプ(型式名「PフィーバーマクロスΔA」)の2スペック販売。

 

導入日

2019年8月5日

 

機種スペック

PFマクロスΔ        SANKYO
CR第1種+第2種タイプ
賞球数 4(ヘソ)&1(電チュー)&3&4&6&12
確率 大当り:1/199.8
小当り:約1/6.1(特図2のみ)
出玉 10R:最大1200個/9R:最大1080個
8R:最大 960個/7R:最大 840個
6R:最大 720個/5R:最大 600個
4R:最大 480個
※すべて10C
振分 RUSH突入率 約46.0%
継続率 約80.0%
・特図1…9R(RUSH突入・時短5回):20%、4R(RUSH非突入・時短99回):80%
・特図2…10R:50%、8R:2%、6R:3%、5R:45%
※特図2大当り後はすべてRUSH突入・時短5回が付与される。特図2直当り時はそれぞれ9R、7R、5R、4R
時短 大当り終了後、5回、99回

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●「マクロス」シリーズ最新作の「マクロスΔ」が初のパチンコ化。RUSH非突入でも時短99回の「デルタゾーン」に突入し、特図2の抽選を行う「ルンピカチャッカー」開放でチャンスとなるゲーム性が特徴。
●1種2種混合タイプ。設定なしタイプは大当り確率199.8分の1、RUSH突入率約46.0%、継続率約80.0%。設定3段階タイプは大当り確率199.8分の1(設定①~169.8分の1(設定⑥)。RUSH突入率は約46.0%(設定①)~49.1%(設定⑥)、継続率は約80.0%(設定①)~80.2%(設定⑥)。両スペックで賞球や振分は共通となっており、RUSH中は最大1200個獲得の10R比率が50%。
●初当りからは9R「SPECIAL FEVER」でRUSHへ突入。主な初当りとなる「FEVER」からは時短99回「デルタゾーン」に突入する。
「デルタゾーン」は演出をキャラ中心の「ワルキューレライブ」またはバトル中心の「バルキリーバトル」から選択可能。時短中は「ルンピカゾーン」がRUSH突入のカギとなっており、「ルンピカチャッカー」入賞で約6.1分の1の図柄揃いを引ければRUSHに突入する。
高継続の「ワルキューレRUSH」は時短5回+保留4個で1~4回転目はパネル色や種類での示唆・発展を主とした演出になっており、残り保留は「ワルキューレチャンス」で一気に消化。パネル色とキャラで期待度を示唆している。

●通常時は様々なタイミングから突入する「オーバードライブ予告」や「ワルキューレギミック」完成でチャンス。SP「最強鎮圧ライブリーチ」では「一度だけの恋ならリーチ」発生で大チャンスとなっている。

[2019年7月29日・日刊遊技情報]

 

その他スペック

「PFマクロスΔ 設定付」
CRFマクロスフロンティア3R
CRFマクロスフロンティア2F
CRFマクロスフロンティア2
CRFマクロスフロンティア2Y

 

関連リンク

「PフィーバーマクロスΔ」機種サイト

 

Copyright

(c)2015 BIGWEST/MACROSS DELTA PROJECT
(c)SANKYO