Pトキオブラック4500(アムテックス)

「トキオ」が一発台タイプで登場

羽根モノ「トキオシリーズ」がV入賞で約4500発獲得のBLACKなスペックの一発台タイプで登場。

 

 

本体販売のみの定価39万9000円。販売予定台数3500台。型式名「Pトキオブラック4500V1」。「ゴールデンロック」枠。

 

導入日

2019年10月7日

 

機種スペック

Pトキオブラック4500         アムテックス
羽根モノタイプ
賞球数 5(中・左始動口)&2(右始動口)&3&6&3(VAT)&14(AT)
出玉 実質9R:1134個×4セット

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●羽根モノ「トキオ」シリーズ最新作。タワー頂上へ玉が昇り、V入賞すれば約4500個の出玉が獲得できる一発台タイプ。役物内に玉が入ればシリーズ最高の緊張感が味わえる仕様となっている。

 

●トキオシリーズでお馴染みの基本的なゲーム性は同じで、盤面下部の始動口入賞で羽根が解放する。ノーマルルートとスペシャルルートが存在し、役物に入った玉がミニタワーを超えて橋を渡ると回転体に直行するスペシャルルートとなる。中央手前の穴に入ればタワーへ玉をリフトアップ。従来は3Rまたは6R大当りとなっていた2つの回転体を突破してV入賞成功すると大当り。タワー突入後のV入賞成功率は6分の1となっている。

 

●大当り中、確変中は右打ちで消化。確変中は羽根の解放秒数の大幅アップに加えて、タワーが「V」の位置で停止するため、次のセットは楽に狙うことができる。

 

[2019年9月18日・情報島]

 

その他スペック

CRトキオスペシャル(アムテックス)

 

関連リンク

「Pトキオブラック」機種サイト

 

Copyright

(c)HEIWA