パチスロ 蒼穹のファフナー EXODUS(SANKYO)

パチスロ, SANKYO

TVアニメ「蒼穹のファフナー」の続編「蒼穹のファフナー EXODUS」とのタイアップ

差枚数管理AT「蒼穹作戦」と継続率約98%の「EXODUS LOOP」という2種類のATを搭載
本体定価44万9000円。販売予定台数8000台。型式名「S蒼穹のファフナー EXODUS bA」。

導入日

2019年10月28日

機種スペック

パチスロ 蒼穹のファフナー EXODUS SANKYO
ATタイプ
確率 設定 疑似ボーナス
初当り確率
AT
初当り確率
出玉率
1/223 1/589 97.9%
1/220 1/562 99.4%
1/212 1/512 101.6%
1/208 1/453 104.1%
1/203 1/391 107.4%
1/197 1/315 112.0%

大当り確率・リーチ演出のポイント

●TVアニメ「蒼穹のファフナー」の続編となる「蒼穹のファフナー EXODUS」とのタイアップで、2014年発売の「パチスロ蒼穹のファフナー」の後継機。差枚数管理AT「蒼穹作戦」と継続率約98%の「EXODUS LOOP」という2種類のATを搭載する。

●ATタイプ。AT「蒼穹作戦」は純増約2.7枚の差枚数管理型で、開始時の差枚数は初当りの契機によって変化する。AT中はレア小役で30ゲーム継続の疑似ボーナス(純増約3.1枚)のチャンスとなっており、「蒼穹BB」当選時は大量上乗せまたはロング継続の契機となる「織姫チャンス」突入に期待できる。また「同化チャンス」成功時は「クロッシングキープ」から疑似ボーナスや差枚数上乗せ特化ゾーン「クロッシングチャージ」突入のチャンスとなっている。

その他、CZ成功時の一部やロングフリーズから突入する「COMBO Vチャレンジ」、通常時の規定ゲーム数消化で突入する継続率約98%(セット上乗せ含む)のスペシャルAT「EXODUS LOOP」を搭載する。

●ATの突入契機はCZ、疑似ボーナスのほか前作同様の「Vバトル」を搭載。「Vバトル」はチャンスステージ経由で突入し、チャンスナビがなくなるまで継続。バトル勝利=V入賞となり、「クロッシングチャージ」+「Vアタック」が確定。期待度は約50%となっている。差枚数上乗せ特化ゾーン「Vアタック」は5ゲーム+アルファ継続し、ゲーム性を毎ゲーム上乗せ、「同化チャンス」上乗せ、最終告知の3種類から選択可能。毎ゲーム上乗せ抽選を行い3枚役成立で終了のピンチとなるが、規定枚数(200枚)到達で追加上乗せと「WアップVチャレンジ」が発生。成功で獲得した差枚数が2倍となる。また「超次元Vアタック」時は規定枚数に到達していなくても「WアップVチャレンジ」発生のチャンスとなり、規定枚数到達時は成功確定となる。

20ゲーム継続の「蒼穹ボーナス」へは通常時のレア小役やCZ成功で突入。「ボーナス」中は「青7」が揃えばAT確定となるほかレア小役や同化チャンス」成功で「Vバトル」またはATの突入抽選を行う。

CZ「フェストゥム襲来(強襲)」は5ゲーム継続で、レア小役や規定ゲーム数消化から突入。期待度は「襲来」時約24%、「強襲」時約87%となっている。

[2019年10月7日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロ 蒼穹のファフナー EXODUS」機種サイト

Copyright

(c) XEBEC・FAFNER EXODUS PROJECT