パチスロ SANKYO

パチスロ トータル・イクリプス2(SANKYO)

「パチスロ トータル・イクリプス」の後継機

AT「サバイバルタイム」は前作同様、継続率をアップさせていくゲーム性

本体定価44万9000円。販売予定台数8000台。型式名「Sトータルイクリプス2R」。

導入日

2019年12月2日(※最速)

機種スペック

パチスロ トータル・イクリプス2   SANKYO
ATタイプ
確率 設定 疑似ボーナス
初当り確率
出玉率
1/331 96.7%
1/325 98.4%
1/302 100.4%
1/271 103.9%
1/246 106.9%
1/118 111.0%

大当り確率・リーチ演出のポイント

●TVアニメも放送されたアージュ原作の同名タイトルとのタイアップ。2016年発売の「パチスロ トータル・イクリプス」の後継機で本年11月にはパチンコ版も導入を予定する。純増約2.7枚のATタイプで、前作同様にATの継続率をアップさせていくゲーム性となっている。

●ATタイプ。1000円あたりのベースとなるゲーム数は約50.8ゲーム。AT1ゲームあたりの純増枚数2.7枚。

●AT「サバイバルタイム」(ST)は1セット30ゲームのSTタイプ。AT中は主に10~50ゲーム継続の「シューティングチャンス」(SC)を引き当てて継続を目指し、STとSCをループさせて出玉を増やしていく。

STは初当り時に5ゲームの「ランクアップアタック」を行い、突入時のレベルが高いほど高ランクの期待度が上昇。またレベル2以上はST終了後もSTのレベルをダウンして再度突入する。STは3つのレベルと12段階のランク(STレベル)で管理されており、最低ランクの「43分の1」で継続率約50.6%、最高ランクの「9分の1」では継続率約96.4%となっている。

SC中は3枚役やレア小役で移行先を抽選しており、規定ゲーム消化後はST30ゲーム再セットのほか、STランクアップのチャンスとなる「アタックオンベータ」、「BIG BONUS」、SC上乗せ特化ゾーン「超サバイバルタイム」またはその突入契機となる「覚醒チャンス」、前作でおなじみのSC上乗せ特化ゾーン「帝都燃ゆ」に突入する。

またSTセット開始時の一部で突入する「超一撃モード」中のST継続は上乗せ特化ゾーン突入が確定する。

●通常時は成立役に応じて獲得できるポイントによってCZを抽選。CZ「テイクオフチャレンジ」(ボーナス期待度約50%)は15ゲーム継続で、毎ゲームランク昇格抽選を行い、12段階のCZランクに応じてボーナス抽選を行う。最大20ゲーム継続のCZ「覚醒チャンス」(ST期待度約80%)では、通常時からの突入は小役でST抽選を行い、AT中はSCに加えて「超サバイバルタイム」の抽選を行っている。

疑似ボーナスはST期待度約40%の「出撃ボーナス」またはST確定+約50%で「超サバイバルタイム」突入となる「クライマックスエピソード」、AT中に突入する「BIG BONUS」の3種類。「出撃ボーナス」は演出成功でST確定となっており「赤7揃い」スタートなら期待度が上昇する。

[2019年11月11日・日刊遊技情報]

関連リンク

「パチスロ トータル・イクリプス2」機種サイト

Copyright

(c)吉宗鋼紀・ixtl / テレビ東京 / オルタネイティヴ第一計画 (c)aNCHOR

-パチスロ, SANKYO
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 新台機種スペック・導入日・新台情報をお届けします! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.