エンターライズ

パチスロ 逆転裁判(エンターライズ)

B!

タイアップコンテンツはカプコン制作による「法廷バトル」アドベンチャーゲーム

「法廷バトル」を再現した本機の筐体には、落下役モノ「逆転ハンマー」や、小役・状態などを示唆する「逆転勾玉」役モノを搭載している。

 

170622gyaku

 

本体定価43万8000円。販売予定台数5000台。型式名「逆転裁判/ZW」。

 

導入日

2017年5月22日

 

機種スペック

パチスロ 逆転裁判        エンターライズ
ARTタイプ
確率 設定 CZ 突入率 ART初当り 確率 出玉率
1/180.4 1/347.6 97.6%
1/172.2 1/336.4 98.7%
1/168.1 1/322.7 100.8%
1/151.7 1/288.7 104.0%
1/135.3 1/263.5 107.3%
1/123.0 1/237.5 112.5%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツの「逆転裁判」はカプコン制作による「法廷バトル」アドベンチャーゲーム。2016年3月には平和よりパチンコ版も発売された。「法廷バトル」を再現した本機の筐体には、落下役モノ「逆転ハンマー」や、小役・状態などを示唆する「逆転勾玉」役モノを搭載している。

 

●ボーナス非搭載のARTタイプ。ART1ゲームあたりの純増枚数約2.0枚。

 

●ART「法廷バトル」は1セット平均約40ゲーム。ART中は3つのパートに分けられており、10ゲーム間の「説明・証言パート」の後、小役によって展開が変化する「尋問パート」に突入。勝利で「つきつけパート」に移行して継続となる。敗北時は「逆転ZONE」に移行し、役モノが落下すれば継続。ART継続率は約75%。

 

メインとなる「尋問パート」は小役でダメージを与え、相手の「pt」をゼロにできれば勝利。バトル中は、継続するたびにダメージを上乗せする「異議あり!コンボ」や、連続でダメージを受けると突入する可能性がある「(超)千尋召喚ZONE」などを搭載。ゾーン中は最低3回「リプレイ」でのダメージを無効化するほか、「超千尋召喚ZONE」では90%ループの大チャンスとなっている。ARTの「説明・証言パート」、「つきつけパート」ではレア小役によって「逆転ZONE」のランクアップ抽選を行っており、「逆転ZONE」では全役で継続抽選を行っている。

 

●通常時は1周期約40ゲームの「ナゾポイント」がカギとなっており、小役の払い出し枚数とポイントがリンク。ゼロに近づくほどARTまたはCZ期待度が上昇するほか、「スイカ」または「チェリー」当選時に上がる「弁護士レベル」によってもCZ突入期待度がアップする。
ポイントがゼロになると「サイコ・ロック」演出へ移行。解除成功でCZ「(超)法廷JUDGE」に突入する。「法廷JUDGE」は20ゲーム固定、全役でART抽選を行っており、期待度は40%超。「超法廷JUDGE」は突入すればART確定となっている。

 

[2017年5月19日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「パチスロ 逆転裁判」機種サイト

 

Copyright

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年6月22日(木)
B!
  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会