パチスロ

パチスロ討鬼伝(七匠)

B!

 

タイアップコンテンツはコーエーテクモゲームスの人気ハンティングアクションゲーム

セット数継続タイプのART「討鬼ラッシュ」は初当り即連とART即連の2つの即連が特徴となっている。

 

170901t

 

本体定価43万8000円。販売予定台数約1500台。型式名「パチスロ討鬼伝N」。

 

導入日

2017年8月28日

 

機種スペック

パチスロ討鬼伝      七匠
ARTタイプ
確率 設定 ART 初当り確率 出玉率
1/488 97.9%
1/476 98.9%
1/461 100.1%
1/400 104.8%
1/367 107.5%
1/254 115.5%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●タイアップコンテンツはコーエーテクモゲームスの人気ハンティングアクションゲーム。セット数継続タイプのART「討鬼ラッシュ」は初当り即連とART即連の2つの即連が特徴となっている。

 

●疑似ボーナスを搭載したARTタイプ。ART1ゲームあたりの純増枚数は約2.0枚。

 

●「赤7」揃いまたは「青7」揃いからスタートするART「討鬼ラッシュ」は、規定ゲーム数内に鬼とのバトルに勝利すれば次セット継続が確定するというゲーム性。出現した鬼によって規定ゲーム数が異なり(30~150ゲーム)、「青7」揃いなら70ゲーム以上が確定する。ART中はベルやレア役で鬼を攻撃、リプレイの一部で「マガツヒゲージ」が上昇し、MAXまで貯まると勝敗決定まで攻撃力や攻撃頻度が大幅アップする「マガツヒモード」に突入。また、討伐時の一部、準備中・討伐後のレア役などで獲得できる「鬼千切玉」は鬼への大ダメージが期待できるほか、「BAR」揃いを契機に「鬼千切玉」の大量獲得が期待できる疑似ボーナス「(新)討鬼ボーナス」なども搭載する。

 

●通常時は1周期が99ゲームの周期抽選システムを採用。周期中はレア役などで「ミタマ」を獲得し、周期到達または最大5個の「ミタマ」をストックすると保留ジャッジ「滅ノ刻」に発展する。「ミタマ」は色によってART突入期待度が変化。約85分の1で出現するMB(中リール中段に「鬼の目」が停止)は「ミタマ」の色が昇格するチャンスとなり、周期内で獲得した「ミタマ」がすべてART突入期待度99%の「マグマ」柄になる「極モード」なども搭載されている。

 

「滅ノ刻」では「ミタマ」1個につき1回のARTを抽選。ART当選時に残った「ミタマ」はART終了後に再度抽選されるため、1周期で複数のARTをストックしていればART即連が期待できる。

 

[2017年8月29日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「パチスロ討鬼伝」機種サイト

 

Copyright

(c)コーエーテクモゲームス
(c)NANASHOW

2017年9月1日(金)
B!
  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会