パチンコ業界ニュース

群馬県遊協総会、森山秀夫氏が新理事長に

B!

gunma

群馬県遊技業協同組合(群馬県遊協)は16日、群馬県前橋市の商工会議所において第53回通常総会を開催。役員改選の結果、新理事長に森山秀夫氏が就任した。

 

総会は委任状含め133名が出席し成立。事業報告など全5号議案が審議され、全て承認を受けた。また議事に先立ち、防犯関係に協力した功労者などを表彰した。

 

群馬県内におけるホールの状況は、2018年3月31日現在の組合加盟店舗数が123店舗と、前年比で7店舗の減少。依然、組合組織の弱体化が進行するなど、厳しい状況が続く。

 

冒頭、これまで理事長を務めた趙栄日氏は「ホール営業は、風営法の下で営業している。最低限のルールを守るだけでなく、社会一般のルールも守り、安心、安全な娯楽を提供することが、県民の信頼を得る一番の近道」と健全営業の必要性を語った。

 

また、来賓を代表して祝辞を述べた群馬県警生活安全部参事官兼生活安全企画課の新井勘一課長は「県内の犯罪情勢だが年々、減少傾向にある。皆様におかれても、お客様の安全を第一に、防犯カメラの設置など、ホール内外で犯罪が起きにくい環境作りをして頂きたい」と防犯活動の強化について要請した。

 

役員改選では、森山理事長のほか、4名の副理事長、1名の専務理事を新たに選任。森山理事長は「群遊協の組合員数が過去に比べて2分の1以下になっている。ただし、パチンコファンはまだたくさんいるし、パチンコ業界で生活を営んでいる人もたくさんいる。このような人達がいる限り、組合の存在意義が消えることはない。皆さまの協力と指導を仰ぎながら、組合員のための組合活動を行っていきたい」と就任にあたり抱負を述べた。

 

[2018年5月21日・日刊遊技情報]

 

群馬県遊技業協同組合(群馬県遊協)

B!
テーマ別新着記事

[PR]
ビジョンサーチ社

日刊遊技情報

パチンコホールの市場調査レポート、新台導入、撤去状況など、様々なパチンコ・パチスロに関わる情報を配信します!

ピーサーチ4

「店舗情報」「企業情報」「設置台数」を一元管理し、競合店舗分析や出店分析などの用途を強力にサポートいたします。

  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会