ネクサス、2018年6月期決算を発表

ネクサスグループは10日、2018年6月期の決算を発表した。

 

ネクサス(本社・群馬県高崎市)の売上高は2488億円(対前年比102.6%)で営業利益は38億円(同45.5%)の増収減益となった。売上高については6店舗の新規出店と2店舗の大規模改修によって増収となったが、営業利益は費用増加による減益となっている。2019年6月期は数店舗の新規出店により、売上高2600億円、営業利益60億円を見込む。

 

また2017年11月に子会社化したパラダイス(本社・長崎県佐世保市)は、12店舗を「D’ステーション」として出店。2018年3月期の売上高は、改装による休業期間の影響もあり439億円(対前年比92.6%)となった。2019年3月期は600億円の売上高を見込んでいる。

 

2018年6月期のグループ合計での売上高は2928億円となっており、今期は3200億円を見込んでいる。

 

[2018年10月15日・日刊遊技情報]

 

NEXUS株式会社
nexus