パチンコ業界ニュース

平和第2四半期決算、遊技機事業好調で増収増益

B!

平和は9日、2019年3月期第2四半期決算短信[日本基準](連結)を公表した。第2四半期における売上高は802億1100万円(前年同期比プラス29.0%)、営業利益207億4300万円(同プラス299.0%)、経常利益203億5000万円(同プラス306.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益134億8900万円(同プラス535.6%)を達成し、大幅な増収増益となった。

 

遊技機事業では、パチンコ機「JAWS再臨‐SHARK PANIC AGAIN」及び「戦国乙女5 10th Anniversary」等を発売し、販売台数を5万8000台(前年同期比プラス2万1000台)とした。パチスロ機も「パチスロルパン三世世界解剖」及び「パチスロ不二子TYPE A+」等を発売し、3万9000台(同プラス2万8000台)を販売。販売台数が著しく落ち込んだ前年同期に比べ、遊技機事業の売上高は370億2700万円(同プラス102.2%)、営業利益156億6600万円(前年同期はマイナス7億4900万円)で大幅に上向いた。

 

一方のゴルフ事業は、ゴルフプレー人口の減少や猛暑に加え、8月~9月にかけて頻発した台風、さらに「北海道胆振東部地震」といった自然災害の影響が大きく響き、売上高431億8300万円(前年同期比マイナス1.6%)、営業利益67億6100万円(同マイナス10.2%)の減収減益となった。

 

[2018年11月13日・日刊遊技情報]

 

株式会社 平和
heiwa-kessan

 

B!
テーマ別新着記事

[PR]
ビジョンサーチ社

日刊遊技情報

パチンコホールの市場調査レポート、新台導入、撤去状況など、様々なパチンコ・パチスロに関わる情報を配信します!

ピーサーチ4

「店舗情報」「企業情報」「設置台数」を一元管理し、競合店舗分析や出店分析などの用途を強力にサポートいたします。

  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会