パチンコ業界ニュース

マルハン、2016年3月期決算短信を発表 ~2期連続で2兆円を割り込み、減収減益に

B!

マルハンは2016年3月期決算短信[日本基準](連結)を5月27日付で発表した。売上高は1兆8988億7000万円となり、前期に続いて2兆円を大きく割り込んだ。

 

同期の連結経営成績は、売上高1兆8988億7000万円(対前期増減率マイナス4.0%)、営業利益397億4800万円(同マイナス35.4%)、経常利益405億2800万円(同マイナス36.5%)、当期純利益173億9800万円(同マイナス42.0%)となっている。

 

同社では、同期中のパチンコ事業で経費の削減と効果の最大化に取組み、人件費、機械入替費、広告宣伝費の三大経費を中心に見直しを図り、3カ年目標200億円の設定に対し、実績は618億円と、目標を大きく超える削減を達成した。また顧客満足度の向上につながる施策の実施により、新たな価値の創造へのチャレンジや新規顧客の開拓、集客力の強化に取組んだ。しかし、パチンコ市場は「全国的な業界等価是正」「高射幸性遊技機の自主規制」といった問題により著しく変化し、遊技機の売上性能は低下。さらに「高射幸性遊技機の撤去」にかかるコスト増加といった問題により期中に予算を修正した。その結果、稼働目標の達成、他社との競争優位性等を保つことはできたが、最終的に減収減益となったとしている。

 

その他、ホームページ上で公開された「主要財務情報[連結]」によれば、保有する遊技台数は21万5294台で、店舗数は315店舗、従業員数は1万2469名となっている。

 

あわせて発表された2017年3月期通期の連結業績予想では、売上高1兆6665億円(対前期増減率マイナス12.2%)、営業利益267億円(同マイナス32.7%)、経常利益303億円(同マイナス25.0%)、当期純利益144億円(同マイナス17.2%)と、さらなる減収減益を見込む。

 

[2016年6月2日・日刊遊技情報]

 

株式会社マルハン

 

160602maru2

B!
テーマ別新着記事


[PR]
ビジョンサーチ社

日刊遊技情報

パチンコホールの市場調査レポート、新台導入、撤去状況など、様々なパチンコ・パチスロに関わる情報を配信します!

ピーサーチ4

「店舗情報」「企業情報」「設置台数」を一元管理し、競合店舗分析や出店分析などの用途を強力にサポートいたします。

  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会