×

大阪市此花区のパチンコ店『KP-LABS』が6月30日を以って休業に、ケーパワーズグループの最小規模の店舗だった


コメント(4)  コメントを書く
いいねの多い順| ▼ コメントの新しい順
  1. 客いなくて、パーソナルで暇なのに、朝一入に店していらっしゃいませも言わない教育なってないのが大半、客としてみてない潰れるのも仕方ない。パチンコ店員はしねまず

    0
    0
  2. そもそもここだけが一部変則的な貸玉料で玉数が少ないのに釘は周りと同じかそれ以下。
    なのに最低貸玉料が1円ぱちんこまで。
    記事中に「『チェリー』のパチンココーナーが盛況だった」とあるけど、実際に店内を見たことがある人なら50銭コーナーはそこそこ埋まるが、1円4円は9割通路(それこそ店内の7割近くを占める1円4円コーナーの客は両手で十分数えられるぐらいのときばかり)なのは知ってるはず。

    少し離れたテキサスも50銭止めて鳴かず飛ばずになってるし、「低貸しだったから客がついてただけ」なのに頑なに1円未満をやらなかったから飛んだだけっていう経営判断ミス以外何物でもないと思うけどな。

    貯玉サービス辞めて古い中古台ばかりながら0.5~0.25円専門でやれば少なくとも大盛況にはなると思う。(いっその事パチ系ゲーセン化でもいいし)

    1
    0
  3. パチンコのみ195台じゃ経営していくのキツいわな。

    6
    0
  4. 500人くらいの数は数えられるのに、なぜ20人を数えられないのか
    一割とかわざわざ忖度せんでもw

    12
    2

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島