PハイスクールD×D ZD(西陣)

2019/05/19パチンコ, 西陣

どのリーチからでも発動で信頼度50%以上となる演出+ギミックが特徴

p%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%abdxd-zd_r

本体定価43万9000円、セル定価39万9000円。販売予定台数5000台。「戦舞」枠。ミドルタイプ「PハイスクールD×D ZA」(型式名同じ)、設定付きライトミドルタイプ「PハイスクールD×D MA」(型式名同じ)、ライトミドルタイプ「PハイスクールD×D MX」(型式名同じ)の3スペックを用意。

導入日

2019年5月20日

機種スペック

PハイスクールD×D ZD        西陣
CR第1種タイプ
賞球数 4(ヘソ)&1(電チュー)&3&12
確率 大当り:1/319.69→1/82.23(約3.9倍)
転落:1/374.41
出玉 10R:最大1200個/6R:最大 720個
4R:最大 480個 ※すべて10C
確変 突入率 50% RUSH継続率 約85%
・ヘソ…10R確変:50%、6R通常(時短100回):50%
・電チュー…10R確変:50%、4R確変:50%
※電サポは100回転保証、以降転落まで継続
時短 大当り終了後、100回+α、100回
大当たり確率・リーチ演出のポイント

●石踏一榮著の同名ライトノベルとのタイアップ。V確変転落タイプによる高継続率仕様とどのリーチからでも発動で信頼度50%以上となる演出+ギミックが特徴となっている。

●「ZA」は大当り確率319.69分の1、確変突入率50%、RUSH継続率約85%(確変継続率約82%、時短継続率約3%)。「MA」は大当り確率219.18分の1(設定①)~183.06分の1(設定⑥)、確変突入率50%、RUSH継続率約75%(確変継続率約68%、時短継続率約8%)。「MX」は大当り確率199.20分の1、確変突入率50%、RUSH継続率約72%(確変継続率約64%、時短継続率約8%)。いずれのスペックも右打ちからは10R確変、4R確変がそれぞれ50%となっている。

●初当りからは確変大当りで電サポ100回「ハニーハントタイム」に突入し、通常大当り後は時短100回「ディアボロスドライブ」に移行。確変中の電サポ100回転以降は「オーバーブースト」に突入し、次回バトルまで継続。バトル勝利で大当りとなる。

●通常時はどのリーチからでも「BALANCE BREAK BURST突破」+「ブーステッドギア役物落下」で信頼度50%以上となるほか、エピソードバトルではガチの信頼度が表示される。

[2019年5月13日・日刊遊技情報]

その他スペック

PハイスクールD×D MA
PハイスクールD×D MX

関連リンク

「PハイスクールD×D」機種サイト

Copyright

(c)2015 石踏一榮・みやま零/株式会社KADOKAWA 富士見書房刊/ハイスクールD×D BorN製作委員会,
(c)NISHIJIN