カンフーレディ・テトラ(山佐)

2019/09/27

「カンフーレディ」シリーズが4thリール搭載機で登場

チャンス目を見抜ける「閃光MODE」と、出目と演出法則で楽しむ「心眼MODE」の2種類からゲーム性を選択可能。

 

%e7%ad%90%e4%bd%93%e3%80%8c%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bb%e3%83%86%e3%83%88%e3%83%a9%e3%80%8d_r

 

本体定価39万9000円。販売予定台数3000台。型式名「カンフーレディEVO XX」。

 

導入日

2018年3月18日

 

機種スペック

カンフーレディ・テトラ        山佐
BB・RB‐RTタイプ
BB図柄 「3連チーパオ」/青7
RB図柄 青7・青7・BAR
確率 設定 BB確率 RB確率 ボーナス
合成確率
出玉率
1/295.2 1/370.2 1/164.2 97.9%
1/271.9 1/343.1 1/158.6 100.0%
1/253.0 1/313.5 1/152.0 102.4%
1/232.4 1/295.2 1/147.6 105.5%

 

大当たり確率・リーチ演出のポイント

●「カンフーレディ」シリーズが4thリール搭載機で登場。チャンス目を見抜ける「閃光MODE」と、出目と演出法則で楽しむ「心眼MODE」の2種類からゲーム性を選択可能。
●BB・RB‐RTタイプ。BBは最大285枚獲得、RBは最大117枚獲得。BBのみ最大枚数獲得には技術介入が必要となる。RTは1ゲームあたりの純増枚数約0.5枚。
●BB後は必ず最低15ゲーム以上継続のRT「奥義」へ突入。ゲーム数消化で「試練」へ突入し、技術介入成功で7ゲームの「奥義」へ復帰、「転落リプレイ」成立で終了。ループ率は約66%となっている。

 

[2018年3月6日・日刊遊技情報]

 

関連リンク

「カンフーレディ・テトラ」機種サイト

 

Copyright

(c)YAMASA