×

ユニバーサル、パチンコ新機種「CRミリオンゴッド ディセント」を発表

ユニバーサルエンターテインメントは12日、東京都江東区の本社において、メーシー製パチンコ「CRミリオンゴッド ディセント」の新機種記者発表会を開催した。同機は看板タイトルである「ミリオンゴッド」シリーズのパチンコ最新作となっており、「ゴッド」に相応しい出玉性能を追求。また、音響や振動など細部にまでこだわった新枠「BAZOOKA 響」によって、初めて描かれる「ゼウス」と「ハーデス」の闘いを楽しむことができる。

 

発表会の冒頭で挨拶を行った同社マーケット戦略室の長谷川崇彦室長は「新枠によって他社を追撃、追い抜いて、スペックを最大限引き出せるようになった。パチンコへ本格的に切り込んでいく第1弾であり、試打を重ねたことでみなさんに楽しんで頂ける機械になっている」と説明。また今後のパチスロでの展開について、「5.9号機についてはいい物、悪い物がハッキリしてきており、市場で勝負できる機械を投入していく。6.0号機は開発スピードを高め、早い段階かつ一発目から覇権を取れるタイトルを出したい」と意気込みを語った。

 

「CRミリオンゴッド ディセント」は、大当り確率319.6分の1、確変割合65%のループタイプ。最大2400個獲得可能な16R大当り比率が、初当り時25%、電サポ時70%となっている。

 

通常時からの大当りは、4R「ZEUS BONUS」で右打ち「ヘラクレスモード」(5回転)、「ゼウスモード」(30または95回転)と移行し、確変確定となる「GODモード(「ゼウスの玉座」)」を目指す。16R大当り「GOD GAME BONUS」からは直接「GODモード」へ突入、ラウンド中に「2400プレート」を獲得できれば次回までの確変が確定。電サポ中の4R大当りは次回確変確定の「SPECIAL GOD GAME BONUS」に突入する。

 

演出面ではパチスロでお馴染みの自然系演出や、チャンスの起点となる「G」図柄、実際のリーチ期待度を表示する「降臨ZONE」などを搭載。宿命の対決が描かれる「冥界SPSPリーチ」では、「VSハーデス」ならば期待度大となっている。

 

同機のホールへの納品開始は、5月上旬を予定する。

 

[2018年3月15日・日刊遊技情報]

 

ユニバーサルエンターテインメント

univer-good-dsnt

今、読まれています!

1

パチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回は、特定の企業ではなく、都道府県 ...

2

そろそろ4月で新生活を始める人もいるということで、これからパチンコ・パチスロデビューという人も案外多 ...

3

広島県公安委員会は3月20日、検定遊技機に関する告示を公開。パチンコ2型式、パチスロ3型式が通過した ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2023 パチンコ・パチスロ情報島