パチンコ業界ニュース 業界団体

日遊協、自己申告PG導入は2075店

日本遊技関連事業協会(日遊協)は16日、「自己申告・家族申告プログラム」導入の全店(2月末現在)を対象としたFAXアンケート調査(3月8日実施)の結果について公表した。

 

同プログラムは依存問題対策の一環として2015年10月より限度額のみの自己申告プログラムを運用開始。昨年12月1日からは来店回数や遊技時間等による制限を追加し、自己申告のほか家族からの申告にも対応した5つのプログラムでの運用を行っている。

 

「自己申告・家族申告プログラム導入店舗数(2月末現在)」は2075店舗、回答店舗数は2062店舗(回答率99.4%)となっている。2018年3月6日現在の申込人数は73人、有効期間終了を含む累計申込人数は78人だった。

 

プログラム別の利用状況は、自己申告・金額(1日の遊技金額)が1995店舗導入、申込71人。自己申告・回数(1カ月の来店回数)が506店舗導入、申込9人。自己申告・時間(1日の遊技時間)が567店舗導入、申込9人。自己申告・入店制限が593店舗導入、申込8人。家族申告・入店制限が788店舗導入、申込4人だった。

 

[2018年4月18日・日刊遊技情報]

 

日本遊技関連事業協会(日遊協)

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

Copyright© パチンコ業界 最新ニュースサイト パチンコ・パチスロ情報島 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.