×

自工会が総会、新理事長に木原茂成氏

jiko1

 

遊技場自動サービス機工業会(自工会)は5月23日、東京都港区の第一ホテル東京において2017年度総会を開催した。古宮重雄氏の理事長退任に伴い、木原茂成氏(大都販売)の理事長選任を報告した。本総会には委任状出席を含めた会員37社全てが出席。2017年度事業経過報告承認の件など、全5号議案を審議し、全てを可決した。

 

事業経過報告によると、貯玉関連の事業では、貯玉補償制度の加盟数が今年3月末で6545店舗となり、2008年9月末に比べて4481店舗増加。また貯玉システムを使用しているホールのうち、同制度の加盟率が昨年12月末時点で80%を超えた。2014年4月から開始した1円貸しの貯玉を4円貸しでも利用できる「乗り入れ機能」の導入状況は昨年末時点で、貯玉システム導入店の3割を超えるまで拡大している。

 

新理事長の木原氏は「難しい時期だが、苦しい中でも頑張って自工会を盛り上げていきたい」と抱負を述べた。このほか、秋田光勇氏(エース電研)が副理事長として、松波明宏氏(マースエンジニアリング)が理事として、新たに選任を受けた。

 

[2018年6月4日・日刊遊技情報]

 

遊技場自動サービス機工業会(自工会)

 

関連記事

今、読まれています!

1

『アビバ関内店』 神奈川県横浜市中区の「関内駅」から「伊勢佐木長者町駅」の周辺エリアは、8軒のパチン ...

2

保安通信協会(保通協)は1日、2022年6月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。 それによると ...

3

6月中の閉店・休業件数は66軒。本年の半年間で閉鎖したパチンコホール数は500軒近くに上っている。 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島