パチンコ業界ニュース 業界団体

機構、2018年度第1四半期の立入検査活動実績を公表

遊技産業健全化推進機構(機構)は13日、2018年度第1四半期(2018年4月1日~6月30日)の機構立入検査活動の実績について公表した。立入検査店舗数は、28都府県方面567店舗(うち計数機検査87店舗)、検査遊技機数3742台(パチンコ1721台、パチスロ2021台)、検査計数機数87台(玉79台、メダル8台)だった。月別立入検査店舗数は、4月158店舗(計数機33店舗含む)、5月198店舗(同20店舗)、6月211店舗(同34店舗)となっている。

 

昨年同期からは、検査店舗数が約95.0%(昨年度597店舗)、検査遊技機数約94.6%(同3957台)、検査計数機数約95.6%(同91台)となっており、本年度の目標店舗数については2200店舗を予定している。

 

[2018年7月20日・日刊遊技情報]

 

遊技産業健全化推進機構(機構)
kiko

 

コメント (0)

編集部の注目記事

1

全日遊連、日遊協、日工組、日電協、全商協、回胴遊商、MIRAI、余暇進の業界8団体は18日、全国のパ ...

2

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 とはいうものの、新型コロナウイルスによる緊急事態 ...

3

パチンコ店へ足を運んでいた顧客の戻り率がコロナ禍の影響によって2割から3割ほど減少したとされるなか、 ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

Copyright© パチンコ・パチスロ情報島 , 2021 All Rights Reserved.