×

全日遊連、西日本豪雨の被災状況を報告

zennichiyuren

 

全日遊連は18日、東京都港区の第一ホテル東京において全国理事会を開催した。

 

理事会後の記者会見では、西日本豪雨における被災ホールの実態を報告。7月17日現在で岡山県3店舗、広島県4店舗、愛媛県5店舗の計12店舗が水没したことを受け、阿部理事長は「水没したホール以外にも、床上浸水の被害を含めるとなるとさらに多くなるだろう。非組合ホールの状況や人的被害の報告は受けていない」と話し、未だ全ての実態を把握しきれていない状況だとした。また、12日付で全国遊技機組合連合会傘下のメーカーや販社に要請した被災ホールに対する配慮と支援については、「水害で大量の認定機や設備が使えないとなると、廃業に追い込まれるホールも中にはあると懸念しているが、一部メーカー企業からは遊技機の要望があれば対応できるといった声もあり有難い」と述べた。

 

理事会では、依存問題への対応について「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」制度の運用状況を報告。7月7日現在22809人が受講し、全日遊連の目標値3万人に対してのカバー率は80%。100%を達成している組合は14組合、32組合が90%達成している現状だとした。また、依存問題に関連した報告事項では、ギャンブルやゲーミングの依存について病理学的に調査研究を行っている機関「NSRG(The National Center for Responsible Gaming)」の代表が6月に来日し、意見交換会を実施。アドバイザー制度や研究者への資金援助など、業界が行う依存問題への対応に高い関心を示しており、ラスベガスにおける依存症対策の実態を探るべく9月下旬に再度意見交換を行う方針となっている。

 

[2018年7月24日・日刊遊技情報]

 

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)

 

今、読まれています!

1

『あかね立石店』 東京都葛飾区にて営業してきたパチンコホール『あかね立石店』が、ジェイピーエルグルー ...

2

サミーは20日、新機種「パチスロRYUKYU BEAT-30」(ロデオ製)を発売すると発表した。パチ ...

3

店舗は併設店とスロ専の2店舗を経営している50代前半の副社長は、自分の代で会社を潰してしまうのではな ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島