マルハン、「ギャンブル等依存問題勉強会」を開催

マルハンは8月28日、千葉県浦安市のシェトラン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルにおいて「ギャンブル等依存問題勉強会」を実施した。勉強会にはリカバリーサポート・ネットワークの西村直之代表理事を講師として招き、ホールの店舗責任者および営業に係る部署の責任者、計474名の従業員が出席した。

 

勉強会では、「ギャンブル等依存症対策基本法」の背景や、「ギャンブル等」「ギャンブリング」といった用語のほか、本人やその周囲に悪影響を与える「ProblemGambling(問題あるギャンブリング)」、世界のゲーミング産業において統一した依存対策として進んでいる「Responsible Gaming(責任あるゲーミング)」などについて講話が行われた。

 

西村氏は「どの様な産業でも発展する過程では負の問題が発生します。問題に対して対策を行うことは事業者としての社会的責任です。マルハンの理念において、地域社会との『共感・信頼』関係の構築や、世界レベルのエンターテイメント企業として在るためには、依存問題に対しての積極的な取り組みが必要です」と話した。

 

[2018年9月5日・日刊遊技情報]

 

株式会社マルハン