パチンコ業界ニュース

フィールズ「バイオハザード イントゥザパニック」を発表

B!

fields_bio

 

フィールズは9月21日、東京都台東区の同社東京支店にてパチスロ新台「バイオハザード イントゥザパニック」(スパイキー製)のプレス向け説明会を開催した。

 

サバイバルホラーゲームの大ヒットゲームコンテンツ「バイオハザード」。カプコンより1996年3月に第1作が発売され、現在までで累計8400万本の販売を記録。ゲームソフトの最新作も2019年1月に販売予定となっている。

 

本機はボーナス確率99.9分の1(設定⑥)と業界最高峰の確率に加え、機械割115.3%(設定⑥)と高い出玉設計を持つ破格のスペックを実現。チェリー、スイカ、特殊リプレイといったレア役が1分に1回訪れるほか、通常リプレイでもボーナス当選チャンスのため、常に期待感を持って遊技することが可能だ。

 

またボーナスを告知する演出は、ボタン操作が不可能となるバイオハザードシリーズではお馴染みのフリーズや、液晶落下により筐体が“クラッシュ”すればボーナス当選となる衝撃告知も特徴となっている。

 

ボーナスの獲得枚数は、SBB最大310枚、BB最大232枚、RBは最大102枚獲得可能。さらに、SBB・BB後はベースアップゾーンとなり、ベースが通常時の約3倍にアップする。

 

ホールへの導入は11月下旬を予定する。

 

[2018年10月1日・日刊遊技情報]

 

フィールズ株式会社

 

B!
テーマ別新着記事


[PR]
ビジョンサーチ社

日刊遊技情報

パチンコホールの市場調査レポート、新台導入、撤去状況など、様々なパチンコ・パチスロに関わる情報を配信します!

ピーサーチ4

「店舗情報」「企業情報」「設置台数」を一元管理し、競合店舗分析や出店分析などの用途を強力にサポートいたします。

  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会