機構、18年度上半期の立入検査活動実績を公表 ~本年度目標の半分となる1109店舗を達成

パチンコ業界ニュース, 業界団体遊技産業健全化推進機構, 機構, 立入検査活動

遊技産業健全化推進機構(機構)は19日、2018年度上半期(2018年4月1日~9月30日)の機構立入検査活動の実績について公表した。

 

期間中の立入検査店舗数及び検査台数は、51都府県方面1109店舗(うち計数機検査158店舗)、検査遊技機数7445台(パチンコ3287台、パチスロ4158台)、検査計数機数158台(玉138台、メダル20台)となった。

 

昨年同期比では検査店舗数が約94.9%(昨年度1169店舗)、検査遊技機数約94.9%(昨年度7843台)、検査計数機数約95.8%(昨年度165台)となっており、本年度の目標である2200店舗に対してほぼ事業計画通りに進んでいる。

 

月別の立入検査店舗数は、4月158店舗(計数機33店舗含む)、5月198店舗(計数機20店舗含む)、6月211店舗(計数機34店舗含む)、7月208店舗(計数機27店舗含む)、8月158店舗(計数機20店舗含む)、9月176店舗(計数機24店舗含む)となっている。

 

[2018年10月23日・日刊遊技情報]

 

遊技産業健全化推進機構(機構)
kiko