大都、「Pぱちんこ押忍!番長2」試打会を開催

2019.09.27

daito

 

大都は4日、東京都中央区の本社ビルにおいて、新台「Pぱちんこ押忍!番長2」の業界誌向け試打会を開催した。

 

2017年に登場した「CRぱちんこ押忍!番長」の遺伝子を受け継いだシリーズ2作目となる本機は、大当たり確率約239分の1(設定①)~約149分の1(設定⑥)の6段階設定を採用し、一種二種混合タイプでありながら3回リミットを搭載。右打ち時の小当り確率は全設定共通で約6分の1となっており、初当り時は主に時短1回(+残保留4回)へと突入し、時短中に大当りを引くことができれば2000個または3000個獲得の大当りが確定し、3回1セット時の最高出玉は約3000個となっている。

 

リミット消化時の残保留演出「頂JUDGE」では、轟・薫・操の3つのゲーム性を用意。ここで再度6分の1を引ければもう1セットの大当りを獲得できるという引き戻しにも期待が持てる仕様となっている。

 

パチスロでもお馴染みの次回予告などは大当たり期待度80%を誇り、大当りへ絡む倍特訓や鷹柄など4大演出を搭載。設定示唆演出では、通常時のカウント系予告「コパンダチラシ」や大当たり中の「おみくじ演出」、ボーナス後の終了画面などパチスロでも好評の演出を取り入れるなど、多彩に用意されている。

 

ホールへの納品開始は2019年1月6日を予定する。

 

[2018年12月7日・日刊遊技情報]

 

株式会社大都技研