×

機構、2018年11月までの遊技機性能調査の結果を公表

遊技産業健全化推進機構(機構)は17日、2015年6月より実施している遊技機性能調査について2018年11月末までの3年6カ月間の調査結果を公表した。

 

直近6カ月の調査結果では、期間中に一般入賞口への入賞が確認された台の割合は100%となっており、2017年1月以降の調査ではすべての台で一般入賞口へ10個以上の入賞を確認。これにより、一般入賞口への入賞が確認された遊技機の累計台数は2684台で台数比率は79.5%となった。

 

遊技機性能調査では、1台のぱちんこ遊技機において大当り等を挟まず2000個以上の打ち出しが確認できた台を有効としている。

 

[2018年12月21日・日刊遊技情報]

 

遊技産業健全化推進機構(機構)
kiko

 

関連記事

今、読まれています!

1

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

2

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

3

『いちえん本舗河内天美店』 4月30日、大阪府を中心にパチンコホールを店舗展開するベラジオコーポレー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島