×

全日遊連が全国理事会 ~阿部理事長「依存に明け、依存に暮れる年に」

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は18日、東京都港区の第一ホテル東京において全国理事会を開催。理事会後には記者会見が行われた。

 

会見の冒頭で阿部恭久理事長は「依存に明け、依存に暮れる年。行政講話も依存問題対策が中心となっていた。5月の(依存症問題)啓発週間もあり、どのように業界の取組を国民に理解していただくか、またパチンコを大衆娯楽として広く遊んでもらえるようにしたい」と本年の見通しを語った。

 

質疑応答の中で阿部氏は、依存症問題啓発週間について5月に東京・中野の会場を利用しての取組を予定しており、依存問題についての初歩的な内容を業界側から発信したいと説明した。併せて「安心・安全アドバイザー」について18年末で目標の3万人を達成したと報告。ただ一人も受講していない店舗が若干数残るほか、退職者等の問題もあることから引き続き講習を続けていく予定となっている。

 

その他、全日遊連が主催する「障がい者雇用促進講習会(東京)」を2月20日に東京・市ヶ谷の遊技会館において開催すると発表。障がい者雇用義務の推進や積極的雇用による社会貢献を目的としている。

 

[2019年1月25日・日刊遊技情報]

 

全日本遊技事業協同連合組合(全日遊連)
zennichiyuren

 

関連記事

今、読まれています!

1

大都技研は23日、好評稼働中のパチスロ「押忍!番長ZERO」(パオン・ディーピー製)の新パネル「操恵 ...

2

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は20日、毎月実施している「組合加盟店舗実態調査」における最 ...

3

藤商事は23日、同社YouTubeチャンネルにおいてパチンコ新機種「Pサラリーマン金太郎」のティザー ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島