×

豊丸、「P平家物語RELOADED」を発表

toyomaru

 

豊丸は8日、東京都台東区の同社ショールームにおいて、パチンコ新機種「P平家物語RELOADED Y2C」のプレス向け説明会を開催した。

 

本機は2001年に発売された「CR平家物語」の正統後継機で、長時間に及ぶ過度な演出を排除し、発展した時点でアツいSPリーチや音と演出を融合させた初代のDNAを継承し、新たに豊丸初の設定機能を搭載。演出モードも保留変化の有無、演出の新旧を選択可能で、ファンを選ばない仕様となっている。

 

スペックは、大当り確率145.6分の1(設定①)~129.8分の1(設定⑤)の設定3段階タイプ。確変突入率は100%だが、ヘソ振り分けの67%は潜伏状態となり、電サポ中は全ての大当りに電サポ100回転が付与される。確変は53.0分の1の転落まで継続し、画面上で高確率状態を示唆するなど「CRセクシーフォール」で支持が厚かった、目で見て分かる転落抽選を採用。右打ちからは最大1100個獲得の10R比率が60%となっている。

 

ホールへの納品開始は4月7日を予定する。

 

[2019年2月14日・日刊遊技情報]

 

豊丸産業株式会社

 

今、読まれています!

1

※画像はイメージです。 東京都荒川区にて営業してきたパチンコホール『ウインベル・イースト・パチンコ』 ...

2

「遊楽ガーデン」グループは首都圏を中心にパチンコホールを展開する言わずと知れた有力チェーンだ。「ガー ...

3

サミーは8日、新機種「パチスロ盾の勇者の成り上がり」(銀座製)を発表した。全国のパチンコホールへの導 ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島