ユニバーサル、新機種「Pアナザーゴッドハーデス ジャッジメント」を発表

2019.09.27

ユニバーサルは24日、東京都江東区の本社において、メーシー製パチンコ新機種「Pアナザーゴッドハーデス ジャッジメント」の記者発表会を開催した。

 

パチンコ「アナザーゴッドハーデス」シリーズ第2作目となる本機は、大当り4回1セットで約2000発を獲得できる「GOD GAME(GG)」を約72%でループさせる「HADES ROAD」による「V‐COMBO SPEC」の出玉性能が特徴となっている。

 

発表会の冒頭で登壇した同社開発本部マーケティング部の長谷川崇彦部長は「6年近く設置されているパチスロ版の印象やゲーム性を理解している方だけに向けたものではなく、『ハーデス』として解り易いスペックを開発の根本として、約2000発の出玉の塊を約72%でループさせるという一言で説明できる、出玉の塊を見せることが出来るつくりになっており、『ハーデス』の持つイメージやルールを進化・継承してつくり込んでいる」と同機の特徴を説明。また同社の今年の開発方針として、高射幸性パチスロの多くが年内に撤去を迎えることから「一昨年より供給に向けて開発を進めており、順次発表していきたい」と意気込みを語った。

 

「Pアナザーゴッドハーデス ジャッジメント」は大当り確率319.6分の1の1種2種混合タイプで、「HADES ROAD」の突入率約63%、継続率約72%。「GG」は4回1セットで約2000発となっており、ストック消化後は引き戻し区間に突入し、約3.71分の1を最大4回転で引き戻すことができれば再度「GG」に突入。4回転の「JUDGEMENT」は演出をキャラによって期待度が変化する「神に委ねる!」または、好きなキャラを選択できる「自分で捌く!」から選択可能となっている。

 

初当りは奇数図柄揃いによって「GG」突入確定となる「PREMIUM OF HADES BONUS」に当選し、偶数図柄揃いからはミッション成功で「GG」突入となる「CHALLENGE BONUS」または「ANOTHER BONUS」に突入。ミッション失敗時も時短1回の「LAST JUDGEMENT」成功で「GG」に突入する。

 

演出面では、「ハーデス降臨役物」を契機に発展する「ボスバトルSP」やお馴染みの「ハーデスの槍予告」のほか、突入するだけでチャンスとなる「奈落の門タルタロス」など前作から一新されている。

 

[2019年4月26日・日刊遊技情報]

 

ユニバーサルエンターテインメント
panothergod_r