パチンコ業界ニュース

セガサミーHD、2019年3月期決算短信を発表 ~パチスロ販売低調も遊技機事業は増益

B!

セガサミーホールディングスは4月26日、2019年3月期決算短信[日本基準](連結)を発表した。2019年3月期通期の連結業績は、売上高3316億4800万円(対前期増減率プラス2.5%)、営業利益130億7900万円(同マイナス26.2%)、経常利益74億9500万円(同マイナス48.6%)、当期純利益26億4200万円(同マイナス70.4%)で、パチスロ遊技機に対する型式試験の低い適合率やデジタルゲーム分野の減衰などを受けて増収減益となった。

 

パチスロ遊技機の販売に関しては、5.9号機にくわえ、6号機およびZEEG社製となる筐体の投入を開始するなど、6万7000台を販売した(前期は8万5000台)。また、パチンコ遊技機については、旧基準機を中心に15万9000台(前期は14万台)を販売。この結果、遊技機事業の売上高は1014億2500万円(前期比マイナス4.0%)、営業利益134億9000万円(同プラス13.1%)となった。遊技機事業の今後については、主に下期にかけて旧基準機の撤去期限を迎えることで入替需要が見込まれるなか、主力タイトルを含む新作の投入を進めていくとしている。ただ、保通協のパチスロ遊技機に対する型式試験が引き続き低水準で推移し、G20などの開催にともなう遊技機の入替自粛といった影響も見込まれることから、パチスロ遊技機の販売台数については12万台(前期比プラス5万2000台)、パチンコ遊技機は16万4000台(同プラス4000台)を見込んでおり、これまで重点的に取り組んできたリユース率の向上や原価改善などを実施し、前期比で大幅な収益性の向上を図るとした。

 

デジタルゲーム分野においては複数の新作タイトルに関してサービスを開始したものの、想定していた評価に届かず、売上高は2196億3100万円(前期比プラス5.6%)、営業利益は98億5700万円(同マイナス33.6%)となった。

 

一方、リゾート事業は「フェニックス・シーガイア・リゾート」の宿泊利用が堅調で利用者数が前年比プラス33.8%となり、売上高は105億8900万円(前期比プラス6.6%)、営業損失を24億1200万円(前期は25億200万円の営業損失)とした。

 

連結事業における次期の見通しについて同社は、2020年3月期の売上高を3900億円(前期比プラス17.6%)、営業利益は270億円(同プラス106.4%)、経常利益は230億円(同プラス206.8%)、当期純利益が150億円(前期比467.6%)になるものと見込んでいる。

 

[2019年5月13日・日刊遊技情報]

 

セガサミーホールディングス
sammy_r_20190513

B!
テーマ別新着記事

[PR]
ビジョンサーチ社

日刊遊技情報

パチンコホールの市場調査レポート、新台導入、撤去状況など、様々なパチンコ・パチスロに関わる情報を配信します!

ピーサーチ4

「店舗情報」「企業情報」「設置台数」を一元管理し、競合店舗分析や出店分析などの用途を強力にサポートいたします。

  • リカバリーサポートネットワーク
  • 闇スロ撲滅宣言
  • 子どもの車内放置撲滅
  • パチンコ・パチスロ産業21世紀会
  • 遊技産業健全化推進機構
  • 全日本遊技事業協同組合連合会
  • 一般社団法人 日本遊技関連事業協会
  • 日本遊技機工業組合
  • 日本電動式遊技機工業協同組合
  • PCSA パチンコチェーンストア協会
  • 一般社団法人 日本遊技産業経営者同友会
  • 一般社団法人 余暇環境整備推進協議会