×

自工会総会、木原理事長を再任

jikou2_r_20190530

 

遊技場自動サービス機工業会(自工会)は22日、東京都港区の第一ホテル東京において2018年度総会を開催した。

 

役員改選の結果、木原茂成理事長を再任。委任状出席を含め、会員37社全てが出席した本総会では2018年度事業経過報告承認の件など、全5号議案を審議し、全てを可決した。

 

木原理事長は、冒頭の挨拶で「2018年度中に当会を脱退したメーカーは1社もなかった。厳しい状況のなか、会員各社が持っている力を十分発揮してきたからだ。まずは今日を生き残ることが我々に課せられた最大の使命。今日の総会では2018年度の当会事業をしっかり総括し、これからの1年を皆でどのように頑張っていくかを決めたい」と述べた。

 

続けて同氏は、パチンコ・パチスロ産業21世紀会の関係者有志を中心に、次期参議院選挙の自民党比例代表(全国区)公認予定候補であるおだち源幸前参議院議員を支援する輪が広がっていることにも言及。「今までなかった大きなうねり。当会も団体推薦しており、一層の団結が求められている」として、支援を呼びかけた。

 

貯玉関連の事業では、貯玉補償制度加盟店舗数は今年3月末時点で6533店舗(前年同期比12店舗減)となっている。貯玉システム導入店のうち、同制度加盟率は昨年12月末時点で8割台半ば。また異なる遊技料金による貯玉の相互乗り入れができる機能の導入状況は今年3月末時点で、貯玉システム導入店の3割台半ばとなっている。

 

役員改選では、木原理事長、井寄義孝副理事長、秋田光勇副理事長、小林友也会計理事の執行部全員が留任した。

 

[2019年5月30日・日刊遊技情報]

 

遊技場自動サービス機工業会(自工会)

今、読まれています!

1

国が推し進めるキャッシュレス決済の取組みや、マイナンバーカード普及に向けたマイナポイントの支給等によ ...

2

三洋物産はこのほど、パチスロ新機種「S笑ゥせぇるすまん4」を発表した。パチンコホールへの導入開始は1 ...

3

数年前から遊技業界でも「依存問題」に対して真剣に取り組むようになりました。それは関係当局の行政講話で ...

-パチンコ業界ニュース, 業界団体
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島