SANKYO「PFマクロスΔ」プレス向け試打会を開催

2019.09.27

sankyo-macross_r_20190625

 

SANKYOは21日、東京都台東区の同社ショールームにおいてパチンコ新台「PフィーバーマクロスΔ」のプレス向け試打会を開催した。

 

同社の人気コンテンツである「マクロス」シリーズ最新作「マクロスΔ(デルタ)」が初のパチンコ化。スペックは、ライトミドルの1種2種混合タイプ。3段階設定搭載機と設定なしの2機種がリリースされる。

 

初当り時は、RUSH非突入でも時短99回の「デルタゾーン」に突入。「デルタゾーン」中は、主に特図1抽選である上チャッカーで消化するが、「ルンピカチャッカー」解放でチャンスが到来。「ルンピカチャッカー」は特図2の抽選をしており、約6分の1で図柄揃い&RUSH突入となる。

 

右打ち「ワルキューレRUSH」は、「ルンピカチャッカー」で消化。電サポ5回+残保留4個で継続を狙い、継続率は約80%。1~4回転目は液晶に表示されるゲージが溜まるまでが1変動で、出現するパネルで演出が変化。5回転目以降はランクアップ演出がメインとなる。

 

ホールへの納品開始日は8月4日を予定する。

 

[2019年6月25日・日刊遊技情報]

 

株式会社SANKYO