ユニバーサル、新機種2機種を発表

2019.09.27パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカーユニバーサルエンターテインメント, ユニバーサル, SLOT劇場版まどか☆マ ギカ[新編]叛逆の物語, Pハイスクール・フリー ト

ユニバーサルエンターテインメントは6月19日、東京都江東区の同社本社において、パチスロ新機種「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」、パチンコ新機種「Pハイスクール・フリート」(メーシー製)の記者発表会を開催した。

 

発表会の冒頭で登壇した同社開発本部マーケティング部の長谷川崇彦氏は「パチンコ『Pハイスクール・フリート』は本格的に小当りRUSHを搭載した機械。ユーザーにはまだまだ小当りRUSHの概念が定まっておらず、どこで増やしてどこで楽しむかというバランスが重要となっているが、本機は大当りでしっかりと出玉を取って小当りでも増やすことが可能となっている。パチスロ『SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』は映画版の映像、ストーリーをふんだんに使っており、デザインなど遊技機ではあるが芸術性にも注目してほしい」と自信をのぞかせた。

 

パチンコ「Pハイスクール・フリート」は昨年にパチスロ版も同社から発売された、アニプレックス制作による美少女キャラクターと史実の艦隊をモチーフとしたアニメで、来春には劇場版新作アニメーションも公開される。スペックは、大当り確率319.6分の1のミドルタイプで確変突入率・継続率ともに70%。特図2からは最大1500個獲得の10R比率が50%。

 

特図2大当りの一部からは小当りRUSH「PREMIUMはいふりんく」に突入し小当りRUSHに一度突入すればその後の確変大当りはすべて小当りRUSH付きとなる。演出面では「晴風ギミック」完成で「萌え」から「燃え」へ一気に期待度が上昇する解り易いゲームフローが特徴となっている。

 

パチスロ「SLOT劇場版魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」は初代のゲームフロー、スペックを踏襲しつつ、遊び易さと出玉感を融合させた純増3.0枚の差枚数管理型ATタイプ。劇場版をモチーフに映像を一新し、描き下ろし映像を多数使用している。初当りからは主に「マギカボーナス」(約60枚獲得)に突入し、成立役に応じて「ソウルジェム」のランクアップ抽選を行い、「ボーナス」後に突入する「マギカチャレンジ」で変身に成功すればATを獲得。お馴染みの「エピソードボーナス」(約120枚獲得)は突入でAT確定となっている。

 

ATは初当り時に必ず初期差枚数決定の特化ゾーン「ホーリークインテット」に突入。AT「マギカラッシュ」ではレア役やベル回数テーブルによる「ボーナス」、上乗せを目指すゲーム性となっており、上乗せ特化ゾーンには「ワルプルギスの夜」を継承したループ型バトル上乗せ「くるみ割りの魔女」などを搭載している。

 

[2019年7月1日・日刊遊技情報]

 

株式会社ユニバーサルエンターテインメント
madomagi_r_20190701
phighschool_r_20190701jpg