ダイナム、RPAによる業務の自動化で年間4884時間を効率化

2019.09.02

ダイナムは8月22日、RPA(Robotic Process Automation)を活用し、DTS(本社:東京都中央区)と協業で年間4884時間の業務効率化を実現したと発表した。

 

同社は業務の効率化や業務ミスなどのリスク低減を目標に2018年にRPAを導入。今回、RPAによって作業の置き換え(自動化)を実施したのは、ダイナム本部の7部門とグループ会社の2部門の計9部門。社外取引先にロボット作成を委託するBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と、社内担当者が専門教育を受け、自らロボットを作成する内製化対応により、合わせて年間4884時間の業務を自動作業へと置き換えた。主な業務は「営業データの抽出及び加工作業」「店舗の修繕計画やメンテナンス・工事実績等の集計」「リストの作成や案内メールの配信」「遊技台や備品等の発注・手配作業」などが挙げられる。

 

今後も導入部門の拡大や専門チームの組成などRPAを積極的に推進していくとともに、さらなる生産性の向上につなげていきたい考えだ。

 

[2019年9月2日・日刊遊技情報]

 

株式会社ダイナム
dynam_r_20190902