「パチスロサミット2019in秋葉原」、9月28日に開催決定

2019.09.05

 

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)と回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)は9月3日、都内台東区の日電協会議室にて「パチスロサミット2019in秋葉原」に関するプレス説明会を行い、9月28日に都内千代田区のベルサール秋葉原で開催すると発表した。

 

会見では、「明日の日電協を考える委員会」の信田裕一郎委員長が「昨年は断念したこのイベントだが、今年は各方面の協力もあり、全国のパチンコホールの皆様とパチスロファンの期待に応えられるイベントになると手応えを感じている。是非成功に結び付けたい」と述べ、イベント開催に向け意気込みを示した。また、回胴遊商の大饗裕記理事長は「年内だけで20万台以上の高射幸性パチスロ機の撤去が控えており、我々にとっても待ちに待った商材。これを起爆剤として業界を盛り上げていきたい」と語った。

 

イベントは「6号機を楽しもう!」をメインテーマに、「ステージフロア」(1階)、「試打フロア」(地下1階)の2フロアで構成。ステージフロアでは「ぱちんこ広告協議会」全面協力の下、総勢16名の人気パチスロライターや人気Vtuber、全国のPキャラたちによるトークステージ・プレゼント企画などを予定。

 

また、試打フロアに設置されるパチスロ機は適合済みの6号機がメインとなるが、参考出展として披露される機種もある模様。なお、出展メーカーの情報は9月9日以降、順次ホームページやツイッターにて公開していく予定だ。

 

昨年11月、「6.0号機時代の幕開け」をテーマに今回と同様のイベントを行う予定となっていたが、展示する6号機の適合数不足により中止となった。

 

[2019年9月5日・情報島]

 

日本電動式遊技機工業協同組合(日電協)
回胴式遊技機商業協同組合(回胴遊商)

 

※回胴遊商の大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、正しくは上が「郷」ですが、ご覧の環境によっては正しく表記されない場合があります。