×

平和、「闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機」のプレス発表会を開催

 

平和は5日、東京都台東区の同社営業本部ビルにおいて新機種「闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機」(オリンピア製)のプレス発表会を開催した。

 

約6年ぶりの登場となるパチスロ猪木シリーズ6作目の同機は、初代「アントニオ猪木という名のパチスロ機」を冠した純増4.0枚のナビ回数管理型ATとなっている。

 

AT「闘魂CHANCE」へのメインルートとなるCZ「闘魂グランプリ」は成功率約80%のバトルに3連勝することで突破。さらに3連勝でATを獲得した後も「炎超戦」に突入し、勝利するたびにATをストック。8戦目には「最終決戦」が発生し、宿敵マスクマンとのバトルに勝利できればフリーズ時などと同等の性能を持った「道」に突入することが出来る。その他にも「道」に匹敵する出玉トリガーである「非常識」や、滞在中はATストックを消化しない「初代モード」など多数の演出が搭載されている。

 

CZ出現確率は442.6分の1(設定①)~215.2分の1(設定⑥)。AT初当り確率は680.6分の1(設定①)~340.6分の1(設定⑥)。出玉率は97.6%(設定①)~114.9%(設定⑥)と6号機最高峰を実現した。

 

ホールへの納品開始は10月20日を予定する。

 

[2019年9月6日・情報島]

 

株式会社平和

 

©コーラルゼット ©OLAYMPIA

今、読まれています!

1

『マルハンなんば新館』 大阪の「千日前」エリアは言わずと知れたパチンコ激戦区である。『マルハンなんば ...

2

その店長は「鳩サブレー」の袋を見ると常連客だったおばあちゃんの姿を思い出す。おばあちゃんは毎日決まっ ...

3

SANKYOは25日、同社のYouTube公式チャンネルにおいてパチンコ新機種「Pフィーバーからくり ...

-パチンコ業界ニュース, 遊技機メーカー
-, ,

© 2022 パチンコ・パチスロ情報島