善都、可児市と災害時における支援協力に関する協定締結

2019.09.13

善都は、地域貢献活動の一環として可児市との間に大規模災害時における支援協力に関する協定書を締結した。今年3月には多治見市と協定を締結しており、可児市との協定締結は9番目となる。

 

11日、可児市役所で開催された締結式には、同社の都筑善雄代表取締役社長、冨田成輝可児市長らが出席。大規模災害発生時に、災害応急対策及び災害復旧対策が円滑に実施されるよう同社が「復旧用資材置場の提供」「災害廃棄物の一時保管場の提供」などの支援協力することを確認した。

 

[2019年9月13日・情報島]

 

株式会社善都