「パチスロ北斗の拳 天昇」、純増ALL約6.3枚のAT「真・天昇RUSH」搭載

2019.09.18

 

サミーは13日、神奈川県横浜市の横浜ロイヤルパークホテルにて新機種「パチスロ北斗の拳 天昇」の展示会を開催した。

 

本機はサミーの大ヒットコンテンツ「パチスロ北斗の拳」シリーズの最新作で、パチスロ6号機における北斗シリーズ第一弾。最大の特徴であるAT「真・天昇RUSH」は純増枚数ALL約6.3枚×目押し不要の押し順タイプとなっている。

 

AT「真・天昇RUSH」へは「激闘BONUS」中の強敵バトル突破で突入。「激闘BONUS」の当選確率は398.8分の1(設定①)~324.4分の1(設定⑥)。強敵バトルは、通常時に貯めた昇舞魂をバトルレベル・小役レベルに変換し、それぞれのレベルに応じたガチ抽選が行われる仕組みとなっている。

 

「真・天昇RUSH」中は「世紀末モード」と「修羅モード」から選択が可能で、モードによってゲーム性と期待感が異なる仕様となっている。「修羅モード」は完走型STタイプ。ROUNDパートで保留を昇格させ、バトルパート「転生ZONE」で昇格させた保留を使って、毎ゲームバトルでのV獲得を目指すという継続期待度が目に見える新感覚継続システムを採用した。「世紀末モード」は北斗シリーズお馴染みのバトルタイプとなっており、滞在ステージによって継続期待度を示唆。ステージが上がるほど高い強敵とバトルを行い、「BATTLE ZONE」での勝利でAT継続となる。その他、「真・天昇RUSH」のROUNDストック高確率の北斗揃いや2400枚獲得濃厚となる昇天演出など、シリーズ伝統の演出も継承されている。

 

本機の導入は11月4日を予定している。

 

[2019年9月18日・情報島]

 

サミー株式会社

©武論尊・原哲夫/NSP 1983,©NSP 2007 版権許諾証YAF-420 ©Sammy